【実食】誕生50周年『オールレーズン/オールクランベリー』がさらにおいしくリニューアル。アレンジレシピも実践

よりおいしく、しっとり感を求めて

 

1972年に誕生した東ハト『オールレーズン』が今年で50周年を迎える。これを機に、もっとおいしさを進化させるべく商品がリニューアル。大人気のロングセラー商品を、同じくリニューアルした『オールクランベリー』とともに改めてご紹介しよう。

 

『オールレーズン』がついに50歳に! どこが変わった?

東ハト(東京都)はキャラメルコーンをはじめ、「ポテコ」、「暴君ハバネロ」、「ハーベスト」など数々の大ヒット商品を生み出している菓子メーカー。今回ご紹介するのは、2022年に誕生50周年を迎える国民的おやつ『オールレーズン』。

 

『オールレーズン』は、東ハト独自の製法で生地と生地の間にたっぷりのレーズンをはさみ込み、ギュッとプレスして薄く伸ばしてから焼きあげているソフトクッキー。今までも何度かリニューアルをしているが、今回のリニューアルでは生地の配合を見直したとのこと。『オールレーズン』(2枚×6袋・希望小売価格 税込188円・2022年3月7日リニューアル発売)は小麦粉などの原料や配合をイチから見直すことでより一層しっとりとした生地になった。

 

2枚ずつ個包装になっているのでシェアもしやすく、一度に食べきらなくても大丈夫。ぶどうを皮ごと干して、おいしさと栄養をギュッと閉じ込めているのでレーズンの芳醇なおいしさも楽しめる。

『オールクランベリー』(2枚×6袋・希望小売価格 税込188円・2022年3月7日リニューアル発売)は2020年に仲間入りしたニューフェイス。こちらも同じく、生地の配合がリニューアル。爽やかな甘酸っぱさが特徴のクランベリーをはさんでギュッとプレスしている。

パッケージもリニューアルしており、現在は50周年を記念したロゴがプリントされている。

 

『オールレーズン』真似せずにはいられないアレンジレシピ「黒豆とクリームチーズのオールレーズンサンド」

厚みのある生地をギュッとプレスして薄くしているので、素材の味わいもギュッ。しっとり食感の生地の中に挟まれたレーズンが柔らかくジューシー。しっとり感が増したことで、食べるときに生地がこぼれにくくなった気がする。思っている以上に食べ応えのある1枚。おうち時間に、ミルクや紅茶などと一緒におやつタイムをすれば小腹も満たされる。

 

そのままで味わうのはもちろんのこと、アレンジレシピも楽しんでみよう。公式サイトに掲載されているレシピより「黒豆とクリームチーズのオールレーズンサンド」を作ってみることに。

 

用意するのは、

    • オールレーズン
    • 黒豆
    • クリームチーズ
    • 黒こしょう

 

オールレーズンにクリームチーズをのせてトースターで1分温める。

黒豆をのせて、黒こしょうを散らしてサンドしたら出来上がり。温めることでオールレーズンのおいしさと香りがグンと引き立つ。クリームチーズの柔らかさと黒豆の控えめな甘さ、そこに加わる黒こしょうが全体の味わいをキリッと引き締める。黒こしょうはお好みでたっぷりかけるのもおすすめ。ワインのお供や前菜の一品としてもおしゃれな一品になるのでぜひおためしを。

時代を繋ぐ国民的おやつ

大人には子供の頃からある懐かしいおやつ。若い世代に受け継がれていくロングセラーの味わい。よく購入する人も、久しぶりに食べてみたくなった人も、はじめて味わうという人も。リニューアルしてさらにおいしくなった『オールレーズン』と『オールクランベリー』をぜひ楽しんでみて。

 

入手は全国のスーパーやコンビニエンスストアで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【定番】やっぱり大好き! 『オールレーズン』の魅力とおいしい食べ方

あわせて読みたい:オールレーズンより甘酸っぱい! 『オールクランベリー』のクセになるおいしさとは?【東ハト】

あわせて読みたい:【定番】薄さ3㎜のサクサクがおいしい東ハト『ハーベスト』。SNSで話題のアレンジレシピもやってみよう!

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック