『じゃがりこ 青しそチーズ味』真のじゃがりこファンが開発!フタを開ければ一気に漂う居酒屋のおつまみ感

じゃがりこファン人気ナンバー1に選ばれた『じゃがりこ 青しそチーズ味』が期間限定で発売中。春らしく爽やかな青しそ風味のじゃがりこ。これは確実においしい予感…よし、実際に食べてみよう!

限られた人しか入学できない「それいけ!じゃがり校」が開発した期待の新味!

カルビーが運営する会員制ファンサイト「それいけ!じゃがり校」をご存知だろうか? 同校は、商品共同開発とロイヤルユーザーの獲得を目的に2007年からスタートした会員制ファンサイト。年に1度の入学試験に合格した人のみ参加できるため、にわかでない真の「じゃがりこ」ファンが集うのだ。

今回発売された『じゃがりこ 青しそチーズ味』(52g・実勢価格 税込約150円・2017年3月13日一般発売)は、同校の第9弾新商品開発プロジェクトから誕生。商品名からパッケージ、キャラクター設定、キャッチコピーまで、1年をかけてファンの手によって作り上げられた。例年、同プロジェクトの商品は高い売上を記録する傾向にあり、『じゃがりこ 青しそチーズ味』もまた人気爆発必至なのだ。

黄色とグリーンの春っぽいパッケージには、青しそとチーズ。ナチュラルチーズというよりは、もっと濃いめのチェダーチーズっぽい感じ。

しその後ろから顔を出すキリンたちも愉快愉快!青しそを持つ手がたまらなく愛おしい…。

毎回お楽しみのバーコードは「全力しっそー」。疾走しすぎて、青しそ飛びまくり。このまま走り続けたら、最終的にはチーズしか残らないんじゃない?と心配になるほどのスピード感。全体的にクオリティが高い!

おなじみのダジャレ1コマ漫画は、「ほっぺたおシソーなほどおいチーズ♪」という合わせ技。ダジャレもいいが、よく見たらキリンのスカーフが青しそ!細部までこだわりがハンパないわ。

ポテト×青しそ×チーズで、瞬時に居酒屋気分!

パッケージを開けた瞬間に広がる青しそ特有の香り。取り出してみると、青しそが練り込まれたじゃがりこ。チーズは生地に練り込まれているというよりは、ところどこ表面にボコボコと付着しているようなイメージだ。

ザクッとかじれば、一口目からいきなり美味しい。食感がクセになるのはもちろん、青しその風味に、濃いめのチーズが相俟って、このまま居酒屋の一品になりそう。やっぱりじゃがいも×青しそ×チーズの組み合わせはテッパン。マッシュポテトに青しそとチーズを混ぜたら美味しそうだなぁなんてことを考えながら即、完食。

お酒のおつまみにしてもよし、子どものおやつにしてもよし。「じゃがりこ」の王道である塩味がベースだから、どの口もすんなり受け入れてくれるだろう。ただし、青しそ好きからすると、青しそ風味が少し物足りない気もする。チーズ味との差を付けるためにも、もうちょっと青しそを強調してもよいかもしれない。

昨年テレビ放送された『お菓子総選挙2016』でサラダ味が第1位を獲得した「じゃがりこ」だが、やっぱりこのお菓子は最強なんだと再認識。『じゃがりこ 青しそチーズ味』は全国のコンビニやスーパーで発売中。

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

トラックバック