カテゴリ「スタッフ比較検証」の記事:46

【5種食べ比べ】『トップバリュ トキメクおやつ部シリーズ』を食べてトキメキ体験を味わおう♪

 

「トキメクおやつ部」とは、トップバリュが提供する、自分をリフレッシュしたりご褒美として新しいお菓子を楽しむためのコミュニティ。かわいさや面白さ、そして美味しさなど、心をくすぐる要素を揃えたお菓子が豊富にラインナップされている。その中から今回は5種をピックアップしてご紹介していこう!

続きを読む

【スーパーで購入できる高級レトルトカレー5選】価格の高さは味の保証なのか? 高級レトルトカレーで見つける至福の味

 

レトルトカレーの歴史は、1960年代に開発されたレトルトパウチ技術により、長期保存と品質維持が可能になったことから始まった。日本でのレトルトカレー市場は1968年に大塚食品が「ボンカレー」を発売して以降、手軽に美味しいカレーを楽しむことができる商品として急速に普及したのだ。

続きを読む

【レトルトパスタソース9種比較】スーパーで購入できるレトルトパスタソースが本格的で美味しい!

 

パスタの歴史は非常に古く、紀元前1000年頃の中東において麺類が存在していたという記録が存在するが、中世にイタリアで大きく発展したようだ。特に、南イタリアの乾燥した気候はドライパスタの生産に適しており、19世紀の産業革命によって機械化が進み、大量生産が可能になったことで、パスタは世界中に広まり一般的な食品となった。

続きを読む

【冷凍唐揚げ5種を徹底比較】スーパーで購入できる冷凍唐揚げ5種を食べ比べてみた!

 

唐揚げの起源については、「唐」の時代の中国を指す説もあるが、その直接的な関連は確認されていない。しかし、揚げ物料理の技術は中国から日本に伝わり、20世紀に入ってから日本で鳥の唐揚げが広く普及した。特に高度経済成長期に鶏肉が手頃な価格で入手しやすくなったことから、鶏肉の利用が増え、唐揚げが人気料理になった。

 

日本各地で鳥の唐揚げにはさまざまなバリエーションが存在する。例えば、九州地方の唐揚げは、ニンニクや生姜などの調味料で下味をつけた後に、片栗粉や小麦粉をまぶして揚げるスタイルが一般的である。また、名古屋地方では、手羽先を使用したピリ辛の唐揚げが特に有名である。

続きを読む

【キムチ7種食べ比べ】あなたの好みを見つけてみて! スーパーで購入できるキムチを徹底比較

 

キムチの歴史は非常に長く、数千年前まで遡る。最初のキムチは、塩や米の粥で漬けた野菜で、辛味はなかったようだ。15世前後にポルトガル人がアメリカ大陸から唐辛子を持ち込んだことにより、辛い味わいを持つようになったと伝えられている。時代が進むにつれて、キムチの種類は多様化し、朝鮮半島の各地域で独自のキムチが作られるようになった。世界的な普及は 20世紀後半から21世紀にかけて、韓国文化の国際的な普及に伴い世界中で知られるようになった。現在は、発酵食品の利点が認識され、健康食品としても注目も集めている。

続きを読む

【国産ポテトチップス8種比較】スーパーやコンビニで手軽に購入できるポテチを食べ比べ!

 

日本のポテトチップスの歴史は1960年代に始まり、最初は主にアメリカの輸入品が主流だったが、国内生産が開始され、カルビーと湖池屋が市場の先駆者となった。その後、様々なフレーバーと形状のポテトチップスが登場し、独自の文化が形成された。2000年代には地域限定フレーバーや季節限定商品が市場を活性化。日本のポテトチップスはスナック菓子市場で大きなシェアを占め、地域限定品は観光土産としても使用されている。

続きを読む

【海外ポテトチップス6種比較】スーパーやコンビニで購入できる「海外のポテトチップス」を食べ比べ!

 

1853年、ニューヨーク州のムーンズ・レイクハウスで働いていたシェフ、ジョージ・クラムは、厚切りのフライドポテトを提供した際、客からこれを薄くスライスして再度揚げるよう要求された。要求に腹を立てたクラムは、ポテトを意図的に極薄にスライスし、キツネ色になるまで油で揚げ、塩を振って提供した。この偶然が予想外に顧客に好評を博し、ポテトチップスが誕生したとされている。

 

1895年、オハイオ州クリーブランドのウィリアム・タペンドンは自宅でポテトチップスを製造し、地元の食料品店へ供給を始めた。この取り組みにより、それまではレストランやリゾート地に限定されていたポテトチップスの提供が、一般市場に広がることになった。

続きを読む

【コンビニスイーツ9種レビュー】クリスマスにピッタリ! おすすめのコンビニスイーツをご紹介!

 

コンビニスイーツの歴史は、1970年代から1980代年にかけて日本でコンビニが普及し始めた時期に遡る。初期はシンプルなプリンやゼリーなどが主流だった。1990年代から2000年代にかけて多様化し品質も向上。パティシエとのコラボレーションやオリジナルブランドの開発が行われるようになった。また、季節限定商品や地域限定のスイーツが登場し、クリスマスケーキやバレンタインチョコレートなど消費者の関心を集めた。

続きを読む

【スパークリングワイン12種比較】クリスマスの夜を彩る! コンビニで手軽に買えるスパークリングワイン

 

スパークリングワインの起源はフランスのシャンパーニュ地方にあり、修道士ドン・ペリニヨンがその製造方法に大きく貢献したとされている。

 

伝統的な製造方法では、瓶内での二次発酵により炭酸が発生する(メソード・シャンプノワーズ)。時間が経つにつれ、イタリアのプロセッコ、スペインのカヴァ、ドイツのゼクトなど、世界各地で独自のスパークリング ワインが生産されるようになった。

 

一方、コンビニには手頃な価格でさまざまなスパークリングが販売されている。これらは有名な産地やブドウ畑で作られたほどの複雑さはないかもしれないが、自分へのちょっとしたご褒美や、お祝い事、女子会などで気軽に楽しむのに適した商品だ。

続きを読む

【乾麺そば8種徹底比較】2023年越しそば選び! スーパーで手軽に手に入る「乾麺そば」を食べ比べ!

 

年越しそばは、日本の伝統的な年末の風習で、江戸時代から始まっていたとされている。蕎麦の長と強度は、長寿や困難に立ち向かう力の象徴と考えられており、「年越しそばを食べることで悪運や困難、その年の苦労を断ち切り、新しい年に健康と幸運を掴む」と信じられていたなど風習には諸説ある。

 

また蕎麦は保存が利き、栄養価が高く消化も良いため、冬の間不足しがちな栄養素を補うのに適している。このような実用的な理由からも全国的に普及し、大晦日の夜に食べる習慣が定着した。

続きを読む