衣類と一緒に入れて普通に回すだけ!『住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』で新しい洗濯習慣をはじめよう!

 

毎日のお洗濯、家計のために洗剤代も少しは抑えたいもの。丹羽久の『住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』は、洗剤いらずの衣料用洗濯アイテム。自然派クリーナー「住まいの魔法」シリーズに新作の登場だ。マグネシウムが汚れを落とすとは… これは気になるかも。洗剤は自然派タイプの記者が、ためしてみた。

 

繰り返して使えて環境にもやさしい化学のチカラ

自然派に特化したものづくりを行う丹羽久(岐阜県)。2017年に「エコアクション21認証」を取得するなど、持続可能な開発目標であるSDGsを支援している日用品メーカーだ。

『住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』

重曹や過炭酸ナトリウムなど安心素材の「住まいの魔法」シリーズは、長年愛されるロングセラー商品。このシリーズに、新しく仲間入りするのが『住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』(容量約50g・希望小売価格 税込1,980円・2022年4月13日発売)

今まで各商品は粉末タイプだったが、今回は衣類と一緒に入れて普通に洗濯機を回すだけ。ネットの中身はマグネシウムと亜鉛の粒が入っており、水道水と交わることで化学変化が起こり、水質が弱アルカリ性に変わるため、汚れ落ちしやすく、肌にもやさしい成分になるんだとか。

さらに、界面活性剤や香料不使用だから、敏感肌の方や赤ちゃんの肌着にも使用OK! そして、気になるのが使用回数…なんと約300回も使えるから、家計もかなり助かる。商品はネットのまま洗濯物と一緒に洗濯機に入れて回して、使用後は干して乾かし繰り返し使う仕組みとなっている。また、使用開始日時を書き込めるタグがついているのも便利!

 

 

住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』をためしてみよう

最近、汗ばむ日が続き、衣類の汗のニオイや皮脂汚れが気になってきたから、どのようになるのか楽しみだ。

原材料はマグネシウムビーズ、亜鉛ビーズ

中身を取り出すと厚めのメッシュカバーに小粒のマグネシウムと亜鉛が入っていて、ニオイなどはしない。

使用量の目安だが、水30~65L、洗濯物の容量2㎏~6㎏に対して1個でOK。汚れが酷いときや洗濯物の容量が多い場合は、衣料用洗剤、漂白剤を一緒に使用するのがおすすめだ。この際、避けた方がいいのは酸性・弱酸性タイプのもの、塩素系漂白剤。洗剤を使用する場合は成分の確認をお忘れなく。

ネットを洗濯機に入れるだけ!

さっそく、洗濯物と一緒に洗濯してみる。汗をたっぷり吸いこんだ衣類とネットを一緒に入れてスイッチオン!

洗剤や柔軟剤を入れる手間も省けて楽ちん!

本当にこれだけ、簡単すぎる

洗濯物を干して乾いた後は、ニオイもなくなりスッキリ! 紅茶が付いてしまったタオルを一緒に洗濯してみたが、ほんの少し色は残っているみたい。黄ばみなどの色が強いものは部分洗いした方がよさそうだ。

使用後は吊り下げて乾かせばOK

洗濯中の水を取り出し同量の水道水と比べてみたのだが、紙コップに入れた水道水をクルクル回すと渦巻くようにサラサラと回る。一方、洗濯水は少し重たくなり少しトロッとしている。これが陽イオンパワーなのだろうか、しばらくはどんな汚れが落ちるのか色々とためしてみたい。

 

ちなみに、金属アレルギーの方はまれに発症することもあるとか。心配な人は使用前に医師に相談してほしい。

 

これからは洗濯もエコ時代へ

重い洗剤も持ち運びや、ストックの補充、ゴミ捨て、洗剤が落ちて洗濯機回りがベトベトになるなど、洗濯する悩みも軽くなりそう。少人数の家庭や、ひとり暮らしの人、敏感肌の人やなるべく自然派アイテムを使いたい人におすすめ! 『住まいの魔法のネット マグネシウム入り洗濯ネット』で、新しい洗濯習慣を始めてみてはいかが。

購入は全国のスーパー、ドラッグストア、ホームセンターや公式オンラインショップにて販売。

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック