学校給食No.1メニュー『鶏肉のレモン漬け』をおうちで完全再現しよう!

学校給食で好きだったメニュー覚えてる!?

 

兵庫県赤穂市の学校給食で人気No.1メニューと言えば「鶏肉のレモン漬け」。39年以上愛され続けている赤穂市のソウルフードである。みんな大好きなこの味を家庭でも完全再現できる『鶏肉のレモン漬けのたれ』が全国で発売開始。「そうそう! この味!」という人も、「はじめて聞くけど食べてみたい!」という人も、ぜひこの味わいをチェックしてみて!

 

赤穂市の子供たちは「鶏肉のレモン漬け」を食べて育った!

学校給食にもそれぞれの地域にしかないご当地メニューがある。

「鶏肉のレモン漬け」は、兵庫県赤穂市で1981年から現在も続いている学校給食の人気メニュー。赤穂市では子どもたちからの熱いリクエストがあり、今も月1回のペースで給食に登場するのだとか。

赤穂市の郷土料理と言っても過言ではないこの「鶏肉のレモン漬け」は、市内のスーパーでお惣菜として商品化もされているほど。

また、メニュー名は違うかもしれないが、この味付けの給食メニューは他の地域にもあるのだとか。

 

学校給食で人気! 伝説のレシピを完全再現!

そんな人気の味わいに注目したのが「赤穂の天塩」、「天海のにがり」などの人気商品を手掛けている地元の製塩企業、赤穂化成株式会社(兵庫県赤穂市)。

この『鶏肉のレモン漬けのたれ』(75g・希望小売価格 税抜200円・発売中)は、「鶏肉のレモン漬け」を生み出した赤穂市立学校給食センター監修だというから再現度が高い。

 

赤穂市内のスーパーで先行販売を行ったところ、1日平均500個を売り上げたのだとか。

さすが地元の給食の味というだけあり、評判を呼び、2020年2月よりその美味しさが全国で発売されるようになった。

 

下味不要! 間違いない美味しさ!

一口大に切った鶏もも肉を片栗粉につけ、油で揚げて『鶏肉のレモン漬けのたれ』を絡めるだけというから、作り方も簡単!

原材料は、砂糖(国内製造)、醤油、レモン果汁、食塩/香料、(一部に小麦・大豆を含む)。

1袋(75g)あたり、熱量165kcal、たんぱく質2.2g、脂質0g、炭水化物39g、食塩相当量3.4g。

醤油ベースでサラリとしたたれ。封を開けただけでも、甘い香りが漂い食をそそる。

 

「鶏肉のレモン漬け」を作ってみよう!

実際に「鶏肉のレモン漬け」を作ってみよう。

 

用意するのは、

  • 鶏モモ肉 2枚
  • 片栗粉 適量

 

最後にタレを絡めるので、鶏肉への下味は一切不要。

唐揚げ作りは、片栗粉をまぶして揚げるだけ。

180℃の油で3~4分揚げる。

油を切って、ボウルへ移そう。

温かいうちに『鶏肉のレモン漬けのたれ』を加える。

全体的によく絡めたら出来上がり!

漬けというだけあって、たれがたっぷり!

じゅわっと染み込んだ甘い醤油の味わいは、日本人には間違いなく好きな味。

レモンの酸味は強くないので、小さな子供でも食べやすい。これは学校給食で人気なのが頷ける。

 

冷めてからが美味しい!? 作り置きやお弁当のメニューにも!

作りたても美味しいが、これは時間が経って味がしっかり馴染んでからの方がより美味しいかも。

ごはんとの相性は言うまでもなく抜群! ついついもう1個と箸が止まらなくなってしまう。

冷めてもおいしいから、作り置きの一品やお弁当にもおすすめ!使い切りパックなのも便利。

運動会や行楽シーズンのお弁当の一品に、これがあれば迷わず味付けできる。

子供だけでなく、もちろん大人も満足の美味しさ。

食べるときにレモンを絞れば、フレッシュな爽やかさが加わりさらに美味しくなる!

 

全国に広まれ学校給食の味!

唐揚げに絡めるだけとなってはいるが、もちろん鶏肉料理全般におすすめだ。

チキンソテーや鶏肉と野菜の炒め物など、様々な味付けにも使えるのでアレンジして楽しんでみよう!

 

子供の時に食べていた給食の味というのは、大人になってから食べるととても懐かしく当時を思い出したりするもの。ぜひこの味に様々な想いを馳せてみて。

 

『鶏肉のレモン漬けのたれ』は全国のスーパー、オンラインストア、楽天ストアにて発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック