材料2品でメインおかず!? フライパン1つで即できる、キッコーマンの『ふんわり卵の豚バラガーリック』を作ってみた!

 

まだまだ自粛が続く中、お家ごはんが多くなりレパートリーに困っている人も多いのでは? キッコーマンの「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素」を使えば、とにかくパパッとご飯に良く合うおかずが数分で出来上がる。美味しくて超便利なシリーズ最新作『ふんわり卵の豚バラガーリック』が発売されたので、お試ししてみたい!

 

少ない材料で時短にできる「うちのごはん おそうざいの素」シリーズ最新作

「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素」シリーズは、フライパンで簡単につくることができる、具材入りの和風そうざいの素。身近な食材1~2種類を加えるだけで、家庭で手作りしたようなメインのおかずが手早く完成する。毎日食べても飽きない、やさしい味わいのシリーズだ。

 

『キッコーマン うちのごはん ふんわり卵の豚バラガーリック』(85g・希望小売価格 税込220円・発売中)は、3個と豚バラ肉150gがあれば、フライパン1つわずか3分でボリューム満点のおかずが出来上がる。

溶きほぐした卵に混ぜて炒めるだけの手軽さで、ふんわり卵のメインおかず2~3人前があっという間に完成!

“国産野菜だし”のうまみを活かし、化学調味料・着色料は不使用。日々口にする調味料として安心感があり、おかずはもちろん、お弁当にもおすすめだ。

ごま油の良い香りがするとろりとした素には、しいたけや赤ピーマンの具材が見て取れる。

オイスターソースとにんにく、ごま油を合わせたコクのある味わいが特長の本格派。本当に簡単なのか、さっそく試してみよう。

 

ご飯にマッチ!ストックしたい時短おかずの素

用意するものは、豚バラ150gと卵3個。

裏面に記載されている作り方を参考に、さっそく調理開始!

まずは卵3個に『ふんわり卵の豚バラガーリック』を混ぜ合わせておく。

豚バラ肉は一口大にカット。

フライパンにサラダ油をしいて、豚バラ肉を焼き色がつくまで炒める。

卵を入れると、ガーリックの食欲をそそる香りが漂ってきた!ふちが固まってきたら…

大きくかき混ぜていり卵にして出来上がり。なんと時間にして、わずか3分強。本当にすぐに完成した!

ツヤといい彩りといい…何とも美味しそう! さっそくいただきます。

噛むとジュワっと広がる出汁の旨味。卵にしっかりと香ばしい味がついていて、ご飯がどんどんすすむ。また、豚バラ肉とガーリックの風味が良く合う! しっかりした味付けに、満足感が高くボリュームも満点。メインのおかずとして完璧だ。

少ない食材でメインおかずが完成するので、メニューを決めるのに疲れた時や、とにかく手早く1品作りたい時にとても便利! またメニューのレパートリーを増やしたい人にもおすすめだ。

 

開封前の賞味期限はなんと2年! あると助かるストック用のおかずに加えておくと、忙しい日のお役立ちアイテム間違いなし。

 

シリーズには今回新発売した『ふんわり卵の豚バラガーリック』の他、便利なメニューが様々。

CMでもおなじみのにんにくの香ばしい香りがたまらない『キャベツのガリバタ醤油炒め』、

味噌の豊かなコクと旨みが特徴のごはんがすすむ『なすの肉みそ炒め』、

かつおと昆布の旨みを閉じ込めたあんかけ風『白菜のうま煮』も大人気だ!

好みのメニューをストックしておけば、レパートリーも広がるので、詳しくは公式ページをチェックしてみて!

 

 

購入は全国のスーパーなどで。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック