離乳食宅配サービス「ファーストスプーン」の『北海道産かぼちゃのサラダ』がリニューアルでさらに甘く!

 

忙しいけど、離乳食のバリエーションや味にはこだわりたい…。そんなママやパパの願いを叶えてくれるのが、冷凍離乳食の宅配サービス「ファーストスプーン」だ。ひとつひとつの食材をていねいに調理し、100%オーダーメイドの離乳食を全国へ届けている。そんな冷凍離乳食の中でも以前から人気だった、『北海道産かぼちゃのサラダ(7~8ヶ月)』がリニューアル。さらに甘くなったということで、離乳期の娘と一緒におためししてみた。

 

北海道産のかぼちゃサラダがさらに甘くなってリニューアル

ママやパパが安心して、子どもに食べさせられるような離乳食をという想いから生まれた「ファーストスプーン」。育児経験豊富なママさんチームが主体となり、産地の食材を冷凍加工で色味鮮やかなまま全国どこへでも宅配で届けてくれる。

素材の味を活かした甘さが赤ちゃんでも食べやすい、『北海道産かぼちゃのサラダ(7~8ヶ月)』(40g×3袋・販売価格 税込1,350円・発売中)がリニューアル。かぼちゃの蒸らし時間を変えることで、さらに甘く仕上げたかぼちゃのサラダに生まれ変わった。

北海道産のかぼちゃをペーストし、きな粉と豆乳を合わせてサラダに。かぼちゃの甘みときな粉の香ばしさで、食べムラが起きやすい時期の赤ちゃんでも食べやすい味わいに仕上げている。

 

素材の味だけでしっかりと甘い

『北海道産かぼちゃのサラダ(7~8ヶ月)』は、湯煎解凍で約5分でOK。裏ごしをしたり固さを調節したりと準備が大変な離乳食だが、ササっと準備が完了する。かぼちゃはビタミンや食物繊維が豊富に含まれた野菜なので、美味しく手軽に準備できるのはとても嬉しい。

解凍したものをお皿に盛り付け、さっそく味見してみる。食感はとてもなめらかで、きな粉の香ばしい風味がかぼちゃとマッチしている。大人が食べても美味しいと感じるので、赤ちゃんにも嬉しい味わいとなっているのではないだろうか。

 

素材はかぼちゃ・ブロッコリー・豆乳・きな粉のみなのに、そうとは思えないほどにしっかりとした甘さを感じる。ブロッコリーは小さく刻まれた状態で入っているので、もぐもぐ期の赤ちゃんにとっては食べやすく、いい刺激にもなりそうだ。

10ヶ月の娘にも与えてみると、かぼちゃ大好きな娘は口を開け「早くちょうだい」と言っているかのようにせがんでくる。7~8ヶ月が目安となってはいるものの、なめらかな舌触りで月齢が進んでも食べやすそう。

ペースト状になっているので、月齢が進んでもトーストに乗せてあげるなどのアレンジで活用できそうだ。

 

ママやパパに優しく寄り添う離乳食

色鮮やかで見た目にも美味しそうな離乳食は、親としても安心して子どもに与えることができる点が大きな魅力。忙しいママやパパの思いに寄り添った離乳食。普段の食事用として常備するのはもちろん、ちょっと疲れている時や体調がすぐれない時などにもぜひ活用してみてほしい。

 

『北海道産かぼちゃのサラダ(7~8ヶ月)』は、ファーストスプーンの公式オンラインショップより購入可能。

 

公式サイトはこちら

記者

ゆずこ

子育てやレビュー記事をメインに活動する、元保育士ライター。新しいものを試すのが大好き。3人の子どもを育てながら、フリーランスとして活動中。趣味は漫画を読むこと。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック