ハレの日に食べたい贅沢なおいしさ! 手軽に本格的な茶碗蒸しを作れる『たまご1個で 茶碗蒸しの素 紅ずわい蟹』をおためし

 

本格的な茶碗蒸しが作れる『たまご1個で 茶碗蒸しの素 紅ずわい蟹』。たまご1個で2人分が作れる手軽さとそのおいしさは、お祝い事などハレの日にぴったりの贅沢さ。出汁をとったり、具材を用意する手間はなし。簡単に絶品の茶碗蒸しを作ってみよう。

 

サステイナブルなフリーズドライ食品に注目

アスザックフーズ(長野県)は、フリーズドライや乾燥食品などを手がける食品メーカー。フリーズドライ製法は、食品の廃棄を少なくするだけでなく、保存料を必要としない技術。常温で保存でき、いつでも使える手軽さや素材そのままのおいしさが味わえる。安全やサステナブル(持続可能性)な観点からも注目されている技術である。

今回ご紹介するのは『たまご1個で 茶碗蒸しの素 紅ずわい蟹』(希望小売価格 税込173円・発売中)

フリーズドライ製法で、紅ずわい蟹の旨味を手軽に味わえる本格的な茶碗蒸しの素。ブロック状に乾燥して固まっており、とても軽い。

 

たまご1個で本格的な茶碗蒸しを

茶碗蒸し作りに必要なのは、たまご1個とお湯200mlだけ。たったこれだけの材料で、2人分の茶碗蒸しが作れるというのだから驚きだ。

ボウルや深めのお皿で、お湯200mlを加えてブロックを戻す。この時点で紅ずわい蟹とかつおだしのいい香りが食欲をそそる。

卵液が固まらない程度まで少し冷ましてから、1個分の溶き卵を加えて全体を混ぜ合わせていこう。厳選された具材3種(鳥取県産 紅ずわい蟹・国産三つ葉・長野県産えのき茸)が入っており、彩りも華やか。

2人前を作ることができるので耐熱容器を2個用意。具材が均等になるように卵液を注ぎ入れる。紅ずわい蟹の身は下の方にも沈んでいるので、バランスよく取り分けていこう。

 

電子レンジで約3分加熱するだけ

ラップなしで電子レンジへ。500wで約3分加熱する。使用している電子レンジによって、固まり具合を見ながら調節していこう。

 

 電子レンジの場合の目安時間

  • 200W:10分
  • 300W:5分
  • 500W:3分
  • 600W:2分30秒
  • 800W:1分30秒

 

低温でじっくり加熱すると、すが入りにくくきれいな仕上がりになる。高温加熱の場合は突沸に注意をしよう。

 

これはもう料亭のおいしさ!

とろっとなめらかな茶碗蒸しのできあがり。まるで料亭で味わうかのような紅ずわい蟹のおいしさとだしの香り。えのきの食感や三つ葉の風味もしっかりと感じることができ、電子レンジで加熱しただけとは思えないほどの仕上がりに大満足。

 

卵との配合にもこだわって作られているとのことで、このなめらかな食感も最高。 お好みでかまぼこや銀杏など、他の具材を加えたり、 蒸し器で調理すればよりきれいに仕上がる。

人が集まる年末年始の食卓やお祝いの席にも、人数に合わせて『茶碗蒸しの素』を用意すればいいのでとても手軽。

常温保存ができるのでストック食材としてもおすすめ。忙しい時やあと1品欲しい時などにも役に立つ。在宅勤務中のお昼ごはんや、お夜食作りにもぴったり。これ1個で茶碗蒸しが2人前出来るのも嬉しい。

紅ずわい蟹の存在感もあり旨味がたっぷり。年末年始の集まり、節分やひな祭りなど季節の行事、 卒園や卒業、入学などのハレの日にも。具材入りの出汁は、うどんつゆや炊き込みごはんの素として料理のベースとしても重宝する。

 

フリーズドライ製法だからこそできるこのおいしさ。『たまご1個で 茶碗蒸しの素 紅ずわい蟹』は全国のスーパーやアスザックフーズ公式オンラインショップなどで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック