今年で誕生10周年を迎える「エジソンママ」の人気商品から、トレンドカラーがポイントな新シリーズ『フォーク&スプーン プチ』が登場!

握りやすくてコンパクト! すくいやすいから練習にもぴったり!

 

いろんな食べ物に挑戦するだけでなく、食べ方や食べる楽しみを覚えることも大切な離乳食期。離乳食後期には、自分でフォーク・スプーンを使うことにも挑戦させたいところ。進化した「エジソンママ」の『フォーク&スプーン プチ』は、小さな手でも握りやすいから、自分で食べてみたい意欲の出てきた子どもにもぴったりだ。スプーン練習中の我が子と一緒におためし!

 

発売10周年のロングセラー商品「エジソンママ フォーク&スプーン」から、コンパクトで持ちやすい新シリーズが登場

 

ケイジェイシー(東京都)は、育児用品や玩具等の企画・開発・製造・販売及び輸出入を行っている。「エジソンママ」は思いやりをカタチにし、はじめてのパパ・ママ・ベビーの「できた」を経験する環境づくりをサポートする商品を多数展開している。

(左)フォーク&スプーン プチ テラコッタ (右)フォーク&スプーン プチ オリーブ

『フォーク&スプーン プチ』(カバー付き・全2色・希望小売価格 税込880円・発売中)は、今年で発売10周年を迎えるロングセラー商品の新シリーズ。

1歳頃から使用できるこちらの商品は、子どもの「自分で食べてみたい」という気持ちを応援してくれるアイテムだ。

進化したポイントは、持ち手部分に丸みをもたせ、小さな手でも握りやすい形状になったこと。

テーブルに置いた際には先端部との間に隙間ができて、衛生面も考慮されたうれしい設計に。

お名前スペースもついているので、保育園や幼稚園に持っていっても安心だ。

付属のカバーは、先端のステンレス部分をしっかりカバーしてくれるから、持ち歩きの際の衛生面も安心。フォーク・スプーンをひとつずつカバーできるから、どちらかだけを持ち歩くこともでき、コンパクトで場所をとらないし、洗い物も減ってうれしい!

 

おすすめポイントは、動画でもわかりやすく紹介されているので要チェック!

 

すくいやすく、落ちづらい! 「自分で食べてみたい」を育てる「食育」にも

まだスプーンとフォークを絶賛練習中の我が子に、『フォーク&スプーン プチ』を持たせてみる。持ち手部分に丸みがあるからか、端の部分を持ちすぎず、しっかりと握りやすそうだ!

普段は「エジソンママ」の「フォーク&スプーン baby」を使っている我が子。右手でなく左手を使ってしまうので、ちょっと握りにくそうだったのだが、『フォーク&スプーン プチ』だと、右でも左でも握りやすそうで、まだ利き手が定まっていない低月齢でも使いやすそうだ。

また、ステンレス部分は金物の町で有名な新潟県燕市で熟練した職人が丹精を込めて作っているとのこと。丁寧に作られたものを子どもに使用できるのも嬉しい。スプーンでベビーフードをすくってみたところ、平たい形のおかげでしっかり最後まですくうことができた。手の動きが発達途中の我が子でもすくいやすそうで、練習の意欲も育ちそう。

フォークで刺してもコロンと落ちてしまいがちな野菜。でも独特の溝があるこのフォークは、子どもが適当に刺しても落ちないのがうれしい! フォークで野菜を刺すところを見せてみたところ、真似することができた。子どもの口に安全に使用できるよう、綿棒を使用した検品を行っているという。これなら安心して見守ることができた。

離乳食は子どもが思うように食べてくれなかったり、準備もなかなか大変で疲れてしまいがちだが、この落ち着いたアースカラーのアイテムは記者的にうれしいカラーだ。食器となじみやすいデザインで、楽しい食事シーンにもかわいいアクセントになってくれそう。

 

トレンド感あるデザインでプレゼントにもおすすめ!お出かけにもおうちごはんでも幅広く活躍

ロングセラー商品の新シリーズ『フォーク&スプーン プチ』は、持ち運ぶ際にもコンパクトで、低月齢でも握りやすい。食べる意欲もますます掻き立ててくれそう。

ファーストスプーンとしても、練習に行き詰まってしまったときの新しいフォーク・スプーンとしてもおすすめだ。デザインもかわいくて、プレゼントとしてもらってもうれしいかも!

購入は、エジソンママ公式オンラインショップにて。

公式サイトはこちら

記者

スザクカナト

さまざまなサイトで、ファッション・メイク・恋愛などの記事を執筆しているフリーライター。料理とお酒が大好き。特に日本酒をこよなく愛す。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎/official images

トラックバック