休憩時間くらいエレガントに過ごさない? たった50円で楽しめる『ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ 』を味わってみた

 

有楽製菓が発売するワンランク上のチョコレート「ブラックサンダープレミアムシリーズ」から、第3弾『ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ』が新登場。ヘーゼルナッツとチョコレートを組み合わせたイタリアの伝統菓子を「ブラックサンダー」で表現した新商品だ。だが、たった50円でその気品ある味わいを表現できているのか? さっそく確かめてみた!

 

チョコレート専門店定番のジャンドゥーヤ。ボリュームも香りもすごいから贅沢感が半端ない!

有楽製菓株式会社(東京都小平市)は、1955年(昭和30年)に創業したお菓子メーカー。1994年に発売した「ブラックサンダー」は、そのザクザクッとしたビスケット生地とチョコレートの甘さ、そしてお手頃価格で多くの人の心を掴み同社の看板商品へと成長。これまでに数々のフレーバーが発売された。

 

現状でも十分なほどの魅力を持っている「ブラックサンダー」だが、さらにワンランク上の美味しさを極めた新シリーズ「ブラックサンダープレミアムシリーズ」が登場。

昨年9月に第1弾となる「ブラックサンダー至福のバター」を発売し、これが同年発売のシリーズで最高の販売数を誇り大好評を得た(※)。さらに、2017年から冬季限定商品として販売されていた「ブラックサンダーしっとりプレミアム」も同シリーズ第2弾として加わり、シリーズの勢いは加速していく。※発売11週で約740万本突破

 

そしてこの度、第3弾商品『ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ』(23g・希望小売価格 税抜50円・2021年4月5日発売)が期間限定でついに発売。ヘーゼルナッツの香りが心地よいチョコレート専門店定番のジャンドゥーヤを表現した新フレーバーだ。

ジャンドゥーヤとは、焙煎したナッツ類をペースト状にすり潰してチョコレートと混ぜたイタリアの伝統的なチョコレート菓子のこと。『ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ』では、滑らかなヘーゼルナッツペーストをベースに、ローストヘーゼルナッツの香ばしさと粒感を加えられている。

 

とはいえ、「ブラックサンダー」お馴染みのプレーンビスケットやココアクッキーも入っているから、ただのジャンドゥーヤというわけではない。「ブラックサンダー」ならではの味わいも楽しめるようになっているのだ。さっそく食べてみよう!

ナッツ系だけあって、パッケージはブラウンベースの穏やかな印象。マット仕上げのプレミアム仕様となっている。

いつもは黒い表面も、今回は淡いブラウン色。袋を開けると、チョコレートとナッツがブレンドされたジャンドゥーヤならではの豊かな香りが広がる。嗅いでいるだけでホッとする様なリラックスできる香りだ。

ココアクッキーのほどよい苦味が全体の味わいを引き締めているようだ

ザクッとココアクッキーの音を鳴らしながら、じっくりと味わう。甘さはいつものブラックサンダーなのに、ペーストになったヘーゼルナッツの風味が甘味と見事に調和し、穏やかな優しい味わいへと変えている。

カバーチョコレートにカカオマスを入れてチョコレート感を少しUP

風味の抜けが良く、噛むほどに鼻へヘーゼルナッツの香りが昇っていく…。休憩時間に紅茶と一緒に合わせれば、これまでの疲れが吹き飛ぶかのような美味しさだ。。

 

食感もジャンドゥーヤならではで、いつものプレーンビスケットのほかに、ヘーゼルナッツがぎっしりと入っている。少し噛むだけで、ザクッ、カリッと2度楽しめるのが楽しい。

気泡の入っていない白い粒がヘーゼルナッツ

たった50円ながら、チョコレート専門店顔負けのプレミアムな味わいが楽しめる『ブラックサンダー優雅な余韻ジャンドゥーヤ』。このボリューミーな食べ応えとナッツの組み合わせは「ブラックサンダー」ならではだろう。程よい甘さやナッツの香りが好きな人には特におすすめだ。

2021年4月5日(月)より全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで発売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック