【10秒チャージ 冷凍版】『inゼリー エネルギーフローズン』凍っているのにゼリーはプルンの不思議!【熱中対策】

凍らせてもおいしいゼリーを実現!

 

数ある熱中対策ドリンクは水分と塩分を補給できるけれど、からだ自体を冷却できたらもっといい。そんな理想の世界観を実現したのが 『inゼリー エネルギーフローズン』だ。しかも通常凍らすと食感が損なわれるゼリーが、これならプルプル!

 

冷凍するとゼリーは弾力を失ってしまう…。そんな常識を覆す。真夏の熱中対策にも最適な塩分/水分とエナジーを凍らせて楽しむ10秒チャージ!

10秒チャージで知られるエナジーゼリーの代表格「inゼリー」。プルプル、トゥルントゥルンの食感を楽しみながら、エネルギーを得られ、元気を取り戻すことで定評のあるパワーゼリー製品だ。

ただ酷暑の夏を迎えると、チルドの冷たさよりももっと強力な冷却感がほしくなる。しかしアイス菓子ではエネルギーは心もとないし、熱中対策の塩分補給もしにくい。

そこで役立つのが、森永製菓(東京都)『inゼリー エネルギーフローズン』(150g・希望小売価格 税込216円・2022年5月17日発売)である。このinゼリーは冷蔵庫ではなく、冷凍庫に配置して凍らせるのが原則だ。ではその仕上がりはどのようになっているのか、実際におためししてみたい。

 

 

『inゼリーエネルギーフローズン』を飲んでみた!

手に取った瞬間から冷たさが伝わってくる。手のひらで握りこむと、高くなった体温が急速にクールダウンしていく感覚がある。これは気のせいではなくて、手のひらには体温調節を担う血管が通っており、そこを冷やすことで体内温度を下げる効果があると言われているからだ。

なので熱中対策第一段階は、飲む前にクリア。キャップをひねって本体を握りこむと、先端から出てくるのは柔らかいシャーベットのような氷の粒と、トゥルントゥルンのゼリーという食べたことのない食感だ。通常凍らせると弾力を失うゼリーを、独自の配合技術で食感を残しているのだという。

そこにライチ風味のガツッとした甘さがやってくる。塩分も感じるが、トロピカルな南国果実的甘みが前面に出ている。

夏場に外をうろうろしなければならないとき、これはかなり強力な助っ人アイテムだ。快適なエアコン下で味わうものではない印象。いじわるな太陽にじりじり照りつけられてボーッとしてしまったときに、お店に駆け込んで手に入れておいしく味わうものだと感じた。

1袋で150kcal/糖質45.0g/食塩相当量0.26g

ライチという選択も正解。冷凍したライチを皮をむいて食べたときのようなプルプルの食感にさえ感じてくる。しっかり冷凍すると、甘みが抑えられておいしく感じた。

 

入手は全国のスーパー、量販店などで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:無炭酸エナドリ系スポーツドリンク『モンスター スーパーフュエル キラーキウイ』を飲んでみた【熱中対策】

あわせて読みたい:YOSHIKIコラボ『リアルゴールド X/Y』はロックの高揚感とクラシックの集中力を選べる次世代エナドリ!【飲んでみた】

あわせて読みたい:最凶レベルのエキゾチック! 果汁11%配合『モンスター マンゴーロコ』をひと足早く飲んでみた

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック