気分は奈良旅行!? 鹿のイラストが可愛いどらやきシリーズから、期間限定フレーバー『神鹿三笠(いちご)』が新登場!

どらやき×いちご×ピスタチオの新感覚スイーツ!

 

思わず手に取ってしまう可愛らしい奈良土産といえば、鹿パッケージの「神鹿物語」。ジャム入りミルク餡がサンドされたふかふか生地のみかさは、食べる人をホッと優しい気持ちにさせてくれる。今回新たに登場したのは『神鹿三笠(いちご)』。奈良県のブランドいちごと高級ピスタチオを使用したこだわりの新作フレーバーだ。さっそくおためししてみよう!

 

奈良の新名物。ミルク餡たっぷりのふわふわどらやき

多口製菓(奈良県)は、地元奈良の食材と手作りにこだわった土産菓子を作っている会社。まんじゅう、団子、もなかなど、伝統を守りつつ新しいテイストを加えたワンランク上のお菓子を生み出している。

今回ご紹介するのは、三笠山にまつわる伝説をモチーフにした「神鹿物語」シリーズのどらやき。優しいミルク餡をパンケーキのようなふわふわ生地で挟んだ、モダンでオシャレなどらやきだ。

『神鹿三笠(いちご)』(5個入り・希望小売価格 税込1,296円・期間限定発売中)は、期間限定フレーバー。ミルク餡にローストした高級ピスタチオを加え、奈良県産ブランド苺「古都華」の自家製ジャムをたっぷりサンド。いちごの酸味とピスタチオの風味が奏でるハーモニーに注目!

 

そのまま食べるとふんわり、温めるとしっとりクリーミー!

どらやき、と呼ぶには少し明るめの色合い。それもそのはず、同社の看板商品「鹿みかさ」とは別に、この神鹿物語のためだけに焼いている特別な生地だそうだ。

さっそくアイスコーヒーと一緒にいただいてみよう。

奈良といえば鹿。この焼き印、可愛すぎやしないだろうか…? 直接会いには行けなくても、手にするだけで奈良の可愛い鹿を想像できる。

そーっと持たないと潰れてしまいそうなくらい柔らかな生地。半分に割ると、こっくり濃密なミルク餡とジューシーなジャムがぎっしり詰まっている!

ひと口食べると…なんだ、このオシャレな味は! ふわっもちっとしたエアリーな生地、口当たりの優しいミルク餡と芳醇なピスタチオの香り、ほんのり追いかけてくるいちごの酸味。めちゃくちゃ美味しい!

 

餡のシャリッと感に溶け込んだクラッシュピスタチオの粒も、主張しすぎずちょうどいい。甘酸っぱさも絶妙で、まるで上品な高級ケーキでも味わっているような気分だ。ほんのり洋のテイストも感じるから、ほろ苦いアイスコーヒーとの相性も最高!

なんとこのみかさ、温めても美味しいらしい。レンジで10秒ほどチンして食べてみよう。

うぅん、これもたまらないッ! 餡もジャムもほんのりとろけて、ほっこりホクホク、クリーミーさがさらに増し増し。口に入れた瞬間、じゅわっと餡やいちごの旨みと香りが響きあう。

 

生地はよりしっとりするし、ミルク餡の優しい甘さもより引き立つ。そのまま食べるのとはまた違った味わいだ。とろける口どけまで楽しみたいなら、断然温めるのがおすすめ!

 

お土産の域を超えた大人のスイーツ

『神鹿三笠(いちご)』は甘すぎない大人の味わい。いちごとピスタチオの上品な味わいにいやされた。鹿のパッケージも思わず手に取りたくなるほどハイセンスだから、ただの ‟お土産” と呼ぶには恐れ多い。

 

目をつむってじっくり味わいながら、気分だけでも奈良旅行を楽しんでみて!

 

『神鹿三笠(いちご)』は近鉄奈良駅「GOTO-CHI奈良店」、近鉄百貨店奈良店地下「大和路ショップ」などの店頭や、多口製菓のオンラインショップにて発売中。9月頃までの期間限定商品なので、気になる人はお早めに!

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック