オーガニックブランド「アルチェネロ」からこだわりのショートパスタ『有機コンキリエ』登場!

素材にこだわりたい人のオーガニックパスタ

 

イタリアのオーガニックブランド「アルチェネロ」から新商品のパスタ『有機コンキリエ』が登場。イタリア語で貝殻という意味のコンキリエ。独特な形をしたこのパスタは、ソースや具材が良く絡むのが特徴だ。特に魚介類との相性が抜群! おいしいパスタを使って一品作ってみよう。

 

オーガニックの先駆者・アルチェネロ

日仏貿易株式会社(東京都千代田区)が取り扱う「アルチェネロ」。ヨーロッパでも有数のオーガニックブランドで、パスタ、トマトソース、オリーブオイル、ビネガーなど、イタリア食材全般を製造している。全ての商品は地球環境に配慮して作られており、日本規格「有機JAS認証」とヨーロッパのオーガニック規格「EUオーガニック認証」を取得している。

『アルチェネロ 有機コンキリエ』(左:500g、右:250g・発売中)

今回ご紹介するのは新発売のショートパスタ『有機コンキリエ』。

 

添加物一切なし! 素材のおいしさで勝負!

原料は有機デュラム小麦セモリナと水のみ。南イタリア産の有機小麦を100%使用し、イタリアの工場で製造されている。アルプス近くの山岳地帯を水源とする水を使用して練り上げられたパスタとなっている。

茹で時間:11分

ほどよく生地の厚みがあり、中に空洞があるので、ソースと具材が絡みやすい。パスタ料理はもちろんのこと、煮込み料理にも使われることがある。シンプルなトマトソースやミートソースはもちろんのこと、クリームソースなど、ソースのおいしさを存分に味わえるパスタだ。

 

具材がよく絡む! コンキリエを使ったパスタ料理を作ろう!

今回はアンチョビを「オイルサーディン」で代用してみた!

公式サイトのレシピを参考に「有機コンキリエ~アンチョビ、ブロッコリーソース~」を作ってみよう! 

フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、ほぐしたオイルサーディンを弱火で炒め、粗みじん切りにしたブロッコリーを加えてさらに炒める。ある程度炒めたら塩、黒こしょうをして水を加え弱火で約5分煮込む。

塩を加えたお湯(塩分濃度1%)で茹であげたパスタを加え混ぜ合わせる。

塩、黒こしょう、粉チーズで味を整えて完成!

もちもちとした弾力のある食感で食べ応えのあるパスタ。デュラム小麦の香りも良く、シンプルなおいしさが際立っている。具材がパスタの空洞に入り込むから、旨みがジュワッと詰まっている感じ。塩味とにんにくの風味がきいたブロッコリーのソースは、ワインが飲みたくなる味わいだ…!

今回ご紹介した『有機コンキリエ』は、おいしさや品質にこだわりたい人に特におすすめだ。

 

公式オンラインショップやECサイト、オーガニック食材店などで販売中。オーガニックパスタのおいしさをぜひ楽しんでみて!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック