黄色が鮮やか! オーガニック食材『アルチェネロ 有機イエロートマトピューレー』でパスタを作ろう!

イエロートマトの鮮やかな黄色をそのままピューレーに!

 

オーガニックブランド「アルチェネロ」より『有機イエロートマトピューレー』が新発売。赤いトマトピューレ―はよく使うけど、黄色はあまり見たことがないかも!?  鮮やかな黄色は見ているだけでも元気になれそう。このイエロートマトピューレーを使って、おうちカフェにぴったりなパスタを作ってみよう!

 

素材にきちんとこだわるから原材料はすべてオーガニック

日仏貿易株式会社(東京都千代田区)が取り扱う「アルチェネロ」は、ヨーロッパ有数のオーガニックブランドで、パスタ、トマトソース、オリーブオイル、ビネガーなど、イタリア食材全般を製造している。全ての商品は地球環境に配慮して作られており、日本のオーガニック規格「有機JAS認証」と、ヨーロッパのオーガニック規格「EUオーガニック認証」を取得。素材にこだわり、添加物を使わないその品質の良さとおいしさに定評がある。

 

これ、トマトピューレーです!  

そんなアルチェネロから新商品が発売された。『アルチェネロ 有機イエロートマトピューレー』(350g・販売中)。一般的にトマトピューレ―と聞いてすぐに思い浮かべる色は赤だろう…。この鮮やかな黄色のピューレーを見た時に、これがトマトであることにきっと驚くのではないだろうか。有機イエロートマトは、イタリア北東部、エミリア・ロマーニャ地方の肥沃な大地で育てられたものを使用。赤いトマトよりも糖度が高く、酸味が少ないのが特徴だ。

原材料のすべてがオーガニック。使われているのは有機イエロートマトのみ。不要な添加物は使われていない。

なめらかな裏ごしタイプ。皮などは丁寧に取り除かれている。香りは確かにトマト! 

 

幸運の黄色!? おうちカフェにおすすめパスタ

公式サイトのレシピを参考に「イエロートマトとパプリカのペペロナータソース」を作ってみよう! ペペロナータとは、イタリア料理で定番の前菜のひとつで、パプリカを酢やアンチョビを加えて蒸し煮にしたものだ。ビネガーの代わりにトマトソースが使われることもある。

オリーブオイルとにんにくのみじん切りを火にかけて、香りがしてきたらパプリカを加えて炒めていこう。

塩・黒こしょうをして、『有機イエロートマトピューレー』、水を加えて弱火で約5分煮込む。

茹でたパスタを加えて、混ぜ合わせる。

塩、黒こしょう、オリーブオイルで味を整えて出来上がり! イエロートマト×イエローパプリカでイエローづくしのペペロナータをまとったパスタ。見ているだけでも明るい気持ちになれそうだ!

イエロートマトのピューレーは、赤いトマトに比べて青臭さがなく、とても爽やかな味わい。もちろん、ちゃんとトマトの風味がする。そこにパプリカの肉厚な果肉。火が入ったパプリカは甘さが増し、ジュワッとおいしさが口の中で広がる…。ほぼ野菜の甘みだけで勝負したのに、とても食べやすい!

イエロートマトピューレーそのものに、塩などの調味料が入っていないので、どんな料理にも合わせやすいのも嬉しい。魚介系と合わせて一緒に煮込むだけで、魚介の旨みが溶けだしておいしいイエロートマトのソースが出来上がる。また、バルサミコ酢やオリーブオイルを加えて、鮮やかなサラダ用のドレッシング作りもおすすめだ!

アルチェネロの商品はパッケージもオシャレなので、瓶入りのイエロートマトピューレーはプレゼントにも良さそう。開栓後は変色しやすいので、残ったピューレーは冷蔵保存して早めに使い切ろう。

 

公式サイトをはじめ、オンラインショップやオーガニック食材店などで発売中。ぜひチェックしてみて。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック