伊東酒造の季節限定「夏酒」第二弾『純米吟醸生酒 夏穂の香』が待望の発売!暑い日にもスッキリの日本酒を堪能

暑くてもスッキリ! 食事の邪魔しない爽やかな日本酒

 

暑い日が続く最近…。スッキリ飲める日本酒があれば、毎日の楽しみがグンとアップする。伊東酒造から「夏酒」第二弾『純米吟醸生酒 夏穂の香』が期間限定発売だ! 暑い日でもスッキリ楽しめる、待望の新「夏酒」を堪能してみたい!

 

人の手で作れる分だけ。こだわりの日本酒

伊東酒造株式会社(長野県諏訪市)は、霧ヶ峰の伏流水を自社の井戸に持ち、長野県産のお米を使ったお酒を作る信州・諏訪の日本酒蔵。代表銘柄である「横笛」をはじめ、長野県産の厳選した米をベースに、霧ケ峰の良質な伏流水を使い、人の手で丁寧に仕込むこだわりの日本酒を作り続けている。

 

この度、夏に美味しい日本酒「夏酒」として、期間限定でスッキリとした飲み口が特徴の「夏穂の香」を発売。

第一弾の『純米吟醸生酒 よこぶえ』に続いてお待ちかねの第二弾は、長野県の酒造好適米「しらかば錦」を100% 使用しスッキリした味わいの『純米吟醸生酒 夏穂の香』(720ml・希望小売価格 1,540円・2021年6月4日)

 

単体はもちろん、その時期の旬の食材や料理とも相性が良く、香りを控え落ち着いた味わいは、ほのかな含み香と米の旨味が楽しめる

実はこの「穂の香」シリーズは、季節感のある粋なお酒。春夏秋冬で酒質を変えて、その季節や料理に合わせた飲み方が楽しめるのだとか。スッキリとした酒質は、この時期ならではだ…!

記者は第一弾の「夏酒」を冷酒でいただいたが、その涼しげな飲み口や美味しさはお墨付き。今回の第二弾もおすすめの飲み方は冷酒だという。

ちなみにお酒自体は生酒なので要冷蔵品。冷蔵庫でよく冷やしておこう!

 

フルーティーな甘さと酸味は、冷やしてストレートがおすすめ!

ボトルのブルーが光に透けて美しい。涼しげで、夏にぴったり!

グラスに注ぐ香りは、フルーティーで爽やか。控えめだが、麹の良い香りもする!

グラスに揺れる表面が、水よりも滑らかで美味しそう。口に含むと麹の甘味がある。スッキリとした喉ごしに、ほのかに残る辛さにも似た酸味。とはいえかなり控えめの酸味なので、フルーティーだ。

軽やかで爽やかな口当たりなので、呑みやすくスイッと喉に滑るよう。口の中にもアルコールが残りにくく、後味もさっぱりとして飲みやすい。

同社曰く、アジ・鮎の塩焼きや、貝系のお刺身との相性が良いそうだ! いそいそとホタテやツブのお刺身などを用意した記者、さっそくいただきます!

 

お刺身のとろけるような甘味に対し、『純米吟醸生酒 夏穂の香』の柔らかさが際立つ…! 舌を滑るようになめらか。淡白な旨味さえも邪魔しない、控えめな風味だ。

単体で飲むとスッキリとした甘味と酸味を感じるが、何かしらのおつまみと合わせると、食材の味を引き立たせ、スッと影に潜むのがおくゆかしい。後に残らないスッキリとした味わいは、まさに夏に飲みやすい日本酒だ。ああ、これはたまらない!

さらにレモンと燻製牡蠣の冷製パスタと一緒でも美味しかった。レモンの酸味と、お酒の甘さが合わさり、より一層フルーティーに! レモンなどの柑橘系は夏にぴったりなので、ぜひ試してみて欲しい。

最近グッと暑さが増し、食が細くなっている人も多いだろう。スッキリと爽やかな『純米吟醸生酒 夏穂の香』なら、食欲も増進。楽しいお家飲みで、暑さを乗り切ろう!
 

購入は、長野県内・諏訪郡内の酒販店及び横笛直営店舗・オンラインショップなどから。季節限定での発売なので、なくなり次第販売終了だ。早めにチェックしてみて!

 

あわせて読みたい: 伊東酒造が販売する季節限定「夏酒」の第一弾『純米吟醸生酒 よこぶえ』新発売! ヒンヤリ爽やかな味を堪能してみた!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック