「黒糖ドーナツ棒」に新フレーバーが仲間入り!甘酸っぱい『レーズン黒糖ドーナツ棒』はフルーティーな香りがたまらない

 

沖縄県産の含蜜黒糖を使用したフジバンビ「黒糖ドーナツ棒」シリーズに新作が登場! 『レーズン黒糖ドーナツ棒』は、サクッとしたドーナツ生地にレーズンの芳醇な香りを楽しめるおやつだ。ほっこりとした深みある黒糖のコクを、この1本で感じられるそう。 今回の新作はどのような味わいなのだろうか、定番商品と食べ比べしたレビューも合わせてお届けしよう。

 

かりんとう製造から生まれた「黒糖ドーナツ棒」

株式会社フジバンビ(熊本市北区)は、菓子や食品などの製造販売を手がける菓子メーカー。かりんとうのイメージが強かった黒糖を、親しみのある西洋菓子とコラボした「黒糖ドーナツ棒」は同社の看板商品。
日本の素材で日本のドーナツを作ろうと、さまざまな試行錯誤をし、1987年に誕生した。

フジバンビの「黒糖ドーナツ棒」

「黒糖ドーナツ棒」(12本入り・希望小売価格 税込475円・発売中)は、沖縄県産の黒糖を使用した懐かしいけど新しいお菓子。全ての素材にこだわり、揚げ菓子とは思えないほど油っぽさが少ないそう。また、全国のあらゆる菓子が集結する4年に一度の展示会「全国菓子大博覧会」にて、リッチモントクラブ賞、名誉総裁賞を受賞している実力派。

味の命となる黒糖は沖縄の含蜜黒糖を、選び抜いた国産小麦粉、独自開発した新鮮な植物油を使用し、おいしさへの追及は妥協知らずといえるだろう。今や、阿蘇のジャージー牛乳や九州の各県の味が楽しめるドーナツ棒などもシリーズ化に。日々味わいが進化するなかで、新たに登場したのがこの商品なのだ。

新作の『レーズン黒糖ドーナツ棒』

『レーズン黒糖ドーナツ棒』(8本入り・希望小売価格 税込350円・2021年2月1日新発売)は、人気シリーズ最新作。黒糖の深いコクと甘みを生かし、レーズンのフルーティーな風味を楽しめる。

レトロ感があるパッケージ

 

その香りの良さと深いコクは、ドーナツ棒そのもの!

黒糖は白砂糖と比べてカルシウム、リン、鉄などのミネラルやビタミンなどもたっぷり。疲労回復にも役立つスーパーフードが、手軽に食べられるなんてちょっと贅沢かも。

 

『黒糖ドーナツ棒&レーズン黒糖ドーナツ棒』をためしてみよう。

揚げ菓子と聞けば、気になるのはやはり油っぽさ。その点はどうなのだろう、今回はおやつタイムをさらに楽しむために、紅茶と合わせて味わってみたい。まずは、看板商品の「黒糖ドーナツ棒」から開封だ。

ロゴマークがプリントされた袋を開けると、揚げ菓子特有の香ばしい香り!

1個のサイズは、タテ約7㎝×ヨコ約3㎝、分量は約16g、小ぶりだけどズシッと感じる。

手で半分に割ってみると、外側はこんがりとした揚げ色、中側は白い生地が。指で持っても油のベタ付き感は軽く感じる。

ひと口食べてみると、サクッと脳内に響く食感と濃厚な甘み! 重なるようにジュワーっと蜜が全体に包むよう…  生地を見てみると、 黒糖が溶けているみたい。心配していた油っぽさも軽く、こんなにコク深い黒糖ってあるんだ。ちなみに紅茶はストレートで、深い甘みとの相性もよかった。

続いては、『レーズン黒糖ドーナツ棒』を開封してみる。
新作は、淡いうす紫色のパッケージに商品名がプリントされているようだ。

サイズ・分量はドーナツ棒と同じ

袋を開けてみると、やや強めの甘酸っぱい香りが広がってきた。先ほどと同じように半分に割ってみると、中身はドーナツ棒と変わらないかも。しかし、ひと口食べてみると… 口の中を駆けめぐる果実の風味がドドッと押し寄せてきた! しっとりした食感と黒糖の甘みを、後押しするような酸味が絶妙すぎ。

レーズン自体は入っていないので、レーズンが嫌いな人も食べやすそう。じんわりとくるまろやかさに、思わず2本目に突入してしまう記者なのであった。

 

便利な個包装タイプだからミニギフトにも

黒糖が好きな人はもちろん、健康志向の人や子どもから大人まで幅広い年齢層にぴったり! また、シリーズは個包装タイプなので午後の小腹対策にもよさそうだ。

食べ比べもおすすめ!

公式オンラインショップでは、用途で選べるお得な商品も盛りだくさん! ギフトセットも用意されているので、この機会にチェックしてみてはいかが。

素材を生かした『黒糖ドーナツ棒&レーズン黒糖ドーナツ棒』で、やさしい味わいの違いを楽しんでみて。購入は、販売店ほか公式オンラインショップにて販売。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック