4種の餃子セットが1,990円!!ボリューム満点の餃子の王国『お試しセット』で楽しむ専門店の味!

 

餃子の王国『お試しセット』は、国産100%の肉&野菜で作った「黒豚生餃子」をはじめ、4種の逸品が1,990円(送料無料)で食べられるお得なセット。内容の異なるAセット、Bセットがあり、それぞれ簡単調理で本格メニューが味わえる。頻繁に外食することができない今、おうちで専門店の味が楽しめるのはとても嬉しい! 今回は家族が大絶賛した、その美味しさをご紹介!

九州で愛される餃子専門店“自慢の味”を全国へ

「餃子の王国」は、餃子を作り続けて50数年、地元・熊本を中心に九州で愛されてきた餃子専門店。

餃子の具材となるお肉は全て国産で、今回紹介する「黒豚生餃子」に使われる黒豚は、主に鹿児島県・宮崎県産。しかも、入手困難な純粋黒豚バークシャー種の黒豚肉を100%使用というから驚きである。

 

野菜も、熊本産のキャベツや生鮮にらをはじめ、九州でとれた素材ばかり!可能な限り産地を訪問し、安心できる素材を仕入れるというこだわりっぷりだ。

そんな自慢の逸品を、全国どこでも2,000円以下で味わえるのが初回限定『お試しセット』。できたての生餃子を急速冷凍して、自社工場より直送。簡単調理で鮮度抜群の餃子が食べられるというから、さっそく取り寄せてみた!

 

 

家庭で簡単に羽根つき餃子&スープたっぷりアツアツ小籠包!

『お試しAセット』の内容は、「黒豚生餃子 15コ」「生小籠包 6コ」「しそ生餃子 15コ」「黒豚包子 8コ」

 

届いたダンボールを開けると、1,990円とは思えない商品のボリュームに、家族からも「お~っ!!」と歓声があがる。

 

「今日は夕飯作りを休憩して、餃子パーティーだ!」ということで、まずは餃子から調理してみる。

冷凍のままフライパンに餃子を並べ、粉を落とすように餃子の上から熱湯を注ぐ。

フタをして5分待ち、焼き目がついたらできあがり。たった5分で、パリパリの羽根つき餃子を簡単に作ることができた!

テーブルに運ぶと、「わぁ!羽根がすごい!!」と子供たちは大喜び。一口食べると、羽根のサクサク食感と、モッチリの皮。そして、肉汁がじゅわ~っと口いっぱいに広がっていく。と、同時に感じられるのが黒豚の甘み。これがとてつもなく美味しい!

脂もしつこくなく、良質でまろやかな旨み。野菜と肉のかみ応えと味付けの濃さも絶妙で、家族も大絶賛だった。

 

「生小籠包 6コ」は、蒸し調理がおすすめ。蒸し器を持っていない場合にも、深めの鍋を使って蒸す“裏技”があるのでご安心を(同梱の写真付レシピ参照)。

時間通り火にかけ、フタを開けると一気に湯気が立ち上る。小籠包をレンゲにのせ、箸で割ってみるとじゅわ~っと出てくるアツアツのスープ。

火傷に気をつけフーフーしてから口に運ぶと、モッチモチの皮、旨味たっぷりの具材、あふれるスープのハーモニーが、もうたまらない!

また「しそ生餃子 15コ」には、香り豊かなしそがたっぷり!パクッと食べると、爽やかなしその風味と豚脂のバランスがちょうどいい。にんにくを使っていないから、昼食に食べても臭いが気にならない。後味もさっぱりしていて、クセになるおいしさだ。

「黒豚包子 8コ」は、国産黒豚100%使用。ほんのり甘みのあるふわっふわな皮と、優しい味付けの餡は、上品で飽きのこない美味しさ。小ぶりなサイズ感で、夕食のおかずとしてはもちろん、子どもの朝食やおやつ、ちょっと小腹が空いた時など、様々な場面で活躍してくれそう!

 

これだけ食べて、家族みんなで大満足!調理が楽ちんだった母はもちろん、中華料理のコースメニュー気分を味わって、子どもたちも嬉しそうだった。

 

送料無料!1,990円で、お腹も心もいっぱいに

今回紹介した「黒豚生餃子 15コ」「生小籠包 6コ」「しそ生餃子 15コ」「黒豚包子 8コ」がセットになった『お試しAセット』は1,990円(送料無料)。

また『お試しBセット』「黒豚生餃子 15コ」「えび生餃子 15コ」「春巻き(五目) 6本」「だだちゃ豆(国産枝豆) 150g」がセットになっており、Aセットと同じく1,990円(送料無料)

 

注文できるのは1家族1回限りだが、初回注文時に限り、A・B両セットを購入できるので、「両方気になる!」という方は、この機会に合わせてのご注文がおすすめ!

 

おいしい餃子を食べたい、家事をちょっぴり休みたい、家族で餃子パーティーを楽しみたい、手軽に食べられる惣菜を常備しておきたい……などなど、たくさんの願いを叶えてくれる「餃子の王国」『お試しセット』

 

初回限定のお手頃価格で、ぜひ一度、ご賞味あれ!

《会社概要》
《特定商取引法》
《プライバシーポリシー》

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック