【飲み比べ】『リプトン キープ&チャージ』は本当に入れっぱなしでも渋くならない!? 『イエローラベル』と比較検証!

渋くないアイスティーが簡単に!

 

紅茶ブランド「リプトン」から、マイボトルに長時間入れたままでも渋くならない紅茶『リプトン キープ&チャージ』が公式オンラインショップで先行発売された。ちょっとリフレッシュしたい時、手軽に飲めるのに本格的な味わいが楽しめるティーバッグだ。従来品の『イエローラベル』とどう違うのか、その真相を確かめてみたい。 

 

すぐに紅茶の香りが広がる特別ブレンドの『リプトン キープ&チャージ』って?

『リプトン キープ&チャージ』(10袋入・希望小売価格 税抜300円・リプトン公式オンラインショップにて先行発売中)は、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(東京都目黒区)が展開する、ティーバッグの紅茶。

 

タンブラーに長時間入れたままにしても渋くならず、忙しい仕事の合間でも、紅茶の香りと味わいを楽しむことができる。特別なブレンドにより、入れた瞬間から本格的な香りと美味しさ、飲みやすさが持続する。フレーバーは『オリジナルブレンド』『リフレッシュ アールグレイ』の2種類だ。

 

本当に渋くならないか!?『リプトン キープ&チャージ リラックス オリジナルブレンド/リフレッシュ アールグレイ』を検証!

しかし紅茶はずっとつけっぱなしにすると、確実に渋くなる。ある程度で取り出すことは、暗黙の了解だ。つけすぎた時の紅茶は、結構な渋さと苦味で、正直飲めないというのが本音。果たして本当に渋くならないのか気になるところだ。

 

まずは『リプトン キープ&チャージ リラックス オリジナルブレンド』から。

パッケージ裏には、おいしいいれ方が記載されている

マイボトルに直接ティーバッグを入れて、熱湯300mlを注ぐ。

ところで、ティーバッグと言えば紐が付いている物が通常だが、ボトルに入れっぱなしにして、飲む際に紐が口に入ってきた経験は無いだろうか。『リプトン キープ&チャージ』は取り出す必要が無いので、ティーバッグに紐が付いていない。飲むたびに紐が襲いかかってくる、ああもう!という煩わしさが無い。

 

お湯を注ぐと、茶葉の良い香りが広がった。すぐに色が出てきれいな茶色になる。

 

まずは3分後の状態で飲んでみる。口に含むと紅茶の香りが優しく広がり、渋さは無い。新茶のようなフレッシュで、クセの無い飲みやすさだ。

 

このまま10分放置してみたい。

10分後、見てみると下に濃く沈殿している。苦そう!というのが見た目に対する正直な感想。

 

ボトルを揺らすときれいな紅茶色

ボトルキャップを開けると、深みのある香りになっていて、茶葉の苦味を感じさせる。しかし、飲んでみると、紅茶のほど良い風味とコクのある味わいが広がった。全くと言って良いほど渋みは無い。軽やかな味わいだ。

 

見た感じの色は10分、20分でさほど変化なし

さらに10分放置してみる。香りはもう一段階濃くなった。しかし10分後と同様、飲んでみても渋さは無い。紅茶本来の苦味が少し感じる程度だ。温度が下がると、えぐみを感じやすいものだが、えぐみもほとんど感じない。入れっぱなしでも苦くならないのは本当だった!

 

『リプトン キープ&チャージ リフレッシュ アールグレイ』は、開封した時点でアールグレイの良い香り!

 

こちらも10分、20分共に放置しても渋くならなかった。ただ、香りは『リプトン キープ&チャージ リフレッシュ アールグレイ』の方が、放置時間が長ければ長いほど、芳醇で渋みのある香りになる。香りは濃いのに、飲むとフレッシュな味わいで不思議だが、風味が豊かでクセが無く万人受けしそう!

 

また、入れっぱなしでティーバッグを捨てる手間がないため、在宅ワークやオフィス内の仕事中でも手軽に飲める。香りが強いので、ふっと一息つきたい時の気分転換に良さそうだ。

 

1分で美味しく飲める、従来品『イエローラベル』と比較!

黄色いパッケージでお馴染みの『リプトン イエローラベルティーバッグ』(2.0g×25袋・楽天市場参考価格 税込324円・発売中)は、豊かな味わいと香りが特徴だ。ケニアの自社農園の茶葉を中心に、日本の水や日本人の味覚にあわせてブレンドされている。

ピラミッド型ティーバッグは、茶葉が躍りやすく、紅茶本来の香りや味わいが引き出されやすい設計だ。素早く茶葉が広がり、抽出が早い。そのため1分で美味しく飲めるという。

 

ティーバッグをきれいなピラミッド型に整え、カップに入れる。

 

お湯を注いだ時点できれいな茶色に色付く

 

沸騰したお湯を注ぎ、蓋をして1分。

 

ティーバッグを3回揺らして取りだす。

 

わずか1分だが、飲んでみるとしっかりと抽出されていて、豊かな香りと味わいが広がる。

 

さて、この1分で抽出した『イエローラベル』と、20分放置した『リプトン キープ&チャージ』を飲んで比較してみる。すると、長く放置したのに、同じくらい渋みも苦味も無く、香りが芳醇なのに軽やかな味わいで驚いた。

 

リプトン公式オンラインストア 楽天市場とPayPayモールにて、『リプトン キープ&チャージ』を先行発売中。いち早く新商品を試してみては?

 

あわせて読みたい:つけっぱなしOKのマイボトル用ティーバッグ『ボトルにポン 緑茶 / むぎ茶』をためしてみた

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック