3つのし・あ・わ・せ! 共栄製茶の『しあわせのはちみつ紅茶』でおうち時間をもっと楽しくもっと可愛いく♪

贅沢に、ハッピーに! 甘党も大満足の美味しさ!

 

長いおうち時間に楽しみなのはティータイム。でもでも、ただのお茶じゃつまらない! そんな欲張りな心を満たす『しあわせのはちみつ紅茶』が新発売。飲めば思わず笑顔がこぼれ、幸せになれちゃう3つの秘密をご紹介!

 

『しあわせのはちみつ紅茶』で幸せになれちゃう! そのわけは…?

銘茶「森半」で名高い共栄製茶株式会社(大阪市北区)は、ティータイムにぴったりの、高品質な日本茶や紅茶などを手がけるお茶の専門メーカー。

新発売の『しあわせのはちみつ紅茶』(20袋・メーカー希望小売価格 本体価格1,000円・発売中)は、お湯を注ぐだけでとろけるようなはちみつ紅茶が楽しめるティーバッグ。

 

実は「森半」のブランドでは初めて出る紅茶だ。そんな期待大の紅茶には、ハッピーになれる仕掛けが3つ。

 

一つ目は「目で楽しむしあわせ」。明るい黄色をベースに描かれた蜂のイラストは、思わず手に取りたくなるようなデザインだ。ちょっとしたプレゼントや手土産にぴったりの可愛いパッケージは、誰かにそっと渡したくなること間違いなし。

二つ目は「香りで感じるしあわせ」。甘いはちみつの香りは、ほっと一息つきたい時のお供に最適。仕事で疲れた時に癒される!

三つ目は「飲んでしあわせ」。口に入れた瞬間に広がる、とろけるような甘さに思わず笑顔になる。

そんな芳醇な甘味の紅茶は、国内製造なので安心して口にできる高品質。

一杯でも大満足できるしっかりした甘さの紅茶は、ティータイムでつい欲しくなる。低カロリーなので、毎日飲んでも罪悪感がない。

 

毎日をちょっぴり贅沢に。楽しみな時間を増やす美味しい紅茶

個包装で鮮度も良い!

ぶ~ん♪ と踊っているような可愛い蜂のパッケージに思わずニンマリ。開けるのが勿体無いけど、いただきます!

香りの広がりが良く抽出が早い三角型のティーバッグ

開けると紅茶の香ばしさに混ざり、はちみつの香りも少し。茶葉に混ざっている黄色い粒が、なんだか可愛い!

お湯を注ぐと粒が溶け…漂う甘いはつみつの香り…!

抽出時間の目安はお湯150mlで1分半〜2分。

軽くゆらして抽出完了!

見た目は濃い紅茶色。一口飲むと、その甘さに驚いた。思ったよりもはちみつの甘さが口いっぱいに広がる。口当たりが柔らかく、まさにとろけるような甘さ…! 紅茶の香ばしさに混ざり、なんとも言えない風味の良さだ。

 

カップを置いてもはちみつの香りが漂って、ほっと癒される。甘〜い、いい香り〜! 甘党の記者、無くなるのが惜しくなり、ちょい残しをして後からまた飲んでみた。冷めても、とろけるような甘さとまろやかさは健在…! う~ん、美味しい!

次に、ミルクを注いでホットミルクティーにしてみよう。

香りに甘さが増した。ミルクのコクにはちみつの甘さが溶けて、ロイヤルミルクティーのようなまろやかさ。口当たりもさらにマイルドになって、就寝前に飲めば可愛い夢が見られそう!

ちなみにアイスティーは、風味や香ばしさはそのままに、甘さがスッキリして暑い日でも飲みやすい。レモンをプラスで、はちみつレモン紅茶にしても良さそう!

 

美味しくって可愛い『しあわせのはちみつ紅茶』はプレゼントはもちろん、自分のご褒美にもおすすめ! お家や仕事の合間のティータイムに、贅沢な香りに包まれて、ちょっと幸せになっちゃおう♪

購入は「森半」の公式オンラインショップから。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック