マカロンがチョコレートでおめかし『ニャカロン ビズ』は今だけのスペシャルな出会い

 

ダロワイヨこだわりのマカロンにチョコレートをかけた『ニャカロン ビズ』。この出逢いは今だけの味。マカロン×チョコレートの甘美な味わいをティータイムに。

 

マカロンとチョコレートのビズを楽しんで

ダロワイヨはフランスを代表する老舗菓子ブランド。その歴史は1682年、シャルル・ダロワイヨがヴェルサイユ宮殿にてフランス王家の食膳係を務めていたころまで遡る。日本ではダロワイヨジャポン(東京都)が製造・販売を任されており、東京近郊に多数の店舗を構える。

ダロワイヨと言えば、本場パリと同じレシピを使っているマカロンが有名。そのマカロンに職人がひとつひとつ丁寧にチョコレートがけしたバレンタイン限定商品をご紹介しよう。

『ニャカロン ビズ』(6個入り・希望小売価格 税込2,700円・発売中)

 

キュートなパッケージに心躍る

パッケージに描かれている猫は、ダロワイヨジャポンのオリジナルキャラクター「ジョセフィーニャ」。花いっぱいのマカロンの帽子をかぶっており、幸せを運ぶ青い鳥と一緒に愛くるしい瞳を輝かせている。首のリボンはトリコロールカラー。やわらかいミントカラーをベースにした色合いで、手にした人を思わずキュンとさせる。

箱のサイドにもそれぞれ「ジョセフィーニャ」の愛くるしい姿が描かれており、細部まで可愛らしい。

 

こだわりのマカロンに丁寧にチョコレートをかけて

ダロワイヨの代名詞とも言える人気の「マカロン」。1832年から受け継がれてきた、古き良き伝統的な手法にこだわって作られている。ダロワイヨのマカロンは卵白に砂糖を加えたフレンチメレンゲで作られており、とても繊細で技術を要するもの。ぷくっと厚みのある生地になるのもダロワイヨのマカロンの特長のひとつ。そのマカロンにひとつひとつ丁寧にチョコレートをかけた。

『ニャカロン ビズ』のビズとは、フランス語で「あいさつのキス」という意味。あいさつだけでなく、感謝を伝える時にも使われている。マカロン×チョコレートの組み合わせは、今だけの味わい。

 

表面はサクッ、中はしっとり

フレーバーは3種類。左から、ビズ あまおう、ビズ ピスターシュ、ビズ シトロン。

※シトロンははちみつを使用している。1歳未満の乳児には与えないこと。

福岡県産のいちご「あまおう」のピューレを使用したマカロンは、甘酸っぱく香り高い。いちごの甘さとチョコレートのスイートなおいしさが溶け合う。ピスターシュはピスタチオのこと。濃厚なピスタチオのコクとチョコレートがグッと深みをもたらす。シトロンはレモンの爽やかさが抜群。レモン×チョコレートはお互いのほろ苦さを引き立てる。

 

大切なあの人へ感謝の気持ちを込めて

友人達との楽しい語らいのシーンや感謝の気持ちを伝えたい時などに。もちろん自分へのご褒美にも。

アレルギー表示:卵、乳、アーモンド、大豆

冬季(10月下旬頃から4月上旬頃)は、直射日光、高温多湿をさけて25℃以下の冷暗所で保存。オンラインでの注文も冬季は常温便発送となる。賞味期限は商品到着より約7日間。

今回ご紹介した『ニャカロン ビズ』は、ダロワイヨ店舗、ダロワイヨ公式オンラインショップにて発売中。

季節限定、数量限定となるのでお早めに。今だけの出逢いをぜひ楽しんでみて。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエイター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック