アンデルセンの世界がキュートなメモになって登場! 文具女子博2023で限定発売の『ブックメモ アンデルセン童話シリーズ』をレビュー

 

デンマークに伝わる「アンデルセン童話」は、人魚の姫や裸の王様など慣れ親しんだ作品が多く存在している。今回ご紹介するのはアンデルセン童話をモチーフにしたアイテムで、可愛い洋書型のケースに入ったまさに本型のメモだ。『ブックメモ アンデルセン童話シリーズ』人魚の姫・はだかの王様・おやゆび姫・マッチ売りの少女の4種は、12月にパシフィコ横浜で開催される“文具女子博2023”の限定アイテム。早速、書き心地やデザインの違いをレビューしたいと思う!

 

“想像をカタチに”

木野瀬印刷株式会社(愛知県)は、お客様の想像を“印刷”というサービスを通して提供している。一冊からの注文等、お客様のニーズに合わせた印刷が可能とのこと。印刷に関するプロフェッショナルで、短納期・低コストでの印刷を実現させている会社だ。

 

童話の世界が手のひらサイズに

こちらが『ブックメモ アンデルセン童話シリーズ』(デザイン 4種・希望小売価格 (税込)各880円・各140枚(2柄×70枚))で、人魚の姫・はだかの王様・おやゆび姫・マッチ売りの少女の4種だ。文具女子博2023の開催期間である2023年12月14日(木)〜17日(日)のみの販売で、色合いやイラストなど文房具や童話好きにはたまらない仕様となっている。

 

胸キュンブックメモの4種をご紹介

本品のイラストは人気デザイナーのShinzi Katohさんが担当。洋書風のケースはデスクや本棚に飾ったり、インテリアにもおすすめのデザインとなっている。

 

またケースは「コンパッソ」という素材を使用しており、光を当てると独自の光沢を放つ高級感のある作りだ。メモ使用後のケースは小物入れとしても活用できる。

まずは人魚の姫のパッケージを紹介していこう! 淡いブルーのケースとパープルの色合いのメモに、人魚姫が泳ぐシーンや何かに思いを馳せているようなイラストが描かれている。

はだかの王様の ケースは優しいベージュで淡いブルーとベージュのメモに♪ 可愛い兵隊や王様が歩いているイラストが描かれている。

次におやゆび姫を紹介! 愛らしいピンク色のケースにパープルとピンクのメモ、ツバメに乗るおやゆび姫や王子様・花・カエルなどが可愛らしく描かれている。

最後はマッチ売りの少女。 今までとは異なりブラックにゴールドをあしらったシックなケースに、メモにはマッチ売りの少女の名シーンが描かれている。幻想的かつストーリーの儚さを感じることができる。記者の一番のお気に入り。

 

可愛いだけじゃない! 書き心地抜群のメモ

本品には「ミスターB」という、しっとりとした質感を持つ高級印刷用紙が使用されている。早速ペンで文字を書いてみたが、サラサラとした滑らかな書き心地が良い! ペンが引っかかることなく、しっとりとした質感がクセになりそう。

メモは程よい厚みが感じられて、通常のメモよりしっかりとした質感。インクも滲まず裏抜けもなし! 可愛いだけじゃない、書き心地抜群メモの虜になってしまいそうだ。

 

グリム・イソップ童話シリーズも!

通常販売しているイソップ・グリム童話のブックメモシリーズ。 洋書風ケースに入っているのは本品と同じだが、メモの仕様が異なっている。

可愛いイラストや淡い色合いは変わらず、メモは1冊に繋がっており切り離して使用するタイプだ。

どちらも可愛いキュートな洋書風のブックメモなので、気になった方は是非文具女子博2023へ足を運んでみてはいかがだろうか? 手のひらサイズの物語を楽しもう!

 

文房具の祭典である文具女子博2023で限定販売。

(通常販売アイテムはこころとどむで購入可能)

 

公式サイトはこちら

 

 

記者

Chie

長年の接客業からライターへ転身。正確・丁寧をモットーに執筆に取り組む。神社仏閣・天然石・スピリチュアルが大好きで、関連記事の執筆経験もあり。千葉県在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック