今年の【午後ティー・コラボ菓子】3種『午後の紅茶 ストレートティーベイクドショコラ/ミルクティーデコレーションケーキ/レモンティークリームサンドクッキー』がおいしかった

午後ティー好きのためのお菓子

 

森永製菓×キリンビバレッジの共同開発「午後の紅茶 ストレートティー/ミルクティー/レモンティー」のそれぞれの特長を活かしたおいしいお菓子が今年も出来上がった。今しか味わえない限定の味『午後の紅茶 ストレートティーベイクドショコラ』『午後の紅茶 ミルクティーデコレーションケーキ』『午後の紅茶 レモンティークリームサンドクッキー』をご紹介しよう。

 

「午後の紅茶」各フレーバーとの相性をきわめたお菓子たち!

「午後の紅茶」ファンにはたまらない、お菓子とのコラボレーション。毎年楽しみにしている人も多いはず。今年は森永製菓のチョコレートソムリエが“菓子をよりおいしく楽しめる「午後の紅茶」とのペアリング”も提案。それぞれをチェックしてみよう。

 

チョコレート

『午後の紅茶 ストレートティーベイクドショコラ』

(89g・実勢価格 税込397円・2023年1月17日発売)

「午後の紅茶 ストレートティー」ならではの華やかな紅茶葉の香りと、焼いたチョコレートの香ばしさが楽しめる。

1個ずつ個包装だからシェアしやすい。以前の商品より紅茶葉粉末量を増やすことでより華やかな紅茶の風味が感じられるようになったのだとか。

ひとくちで食べやすいサイズ。ベイクドタイプなので手がベタつかず、口の中でホロッとほどけるような食感で、ストレートティーの香りとともにチョコのおいしさが広がる。紅茶の香りが華やかで余韻が続く味わい。

 

ビスケット

『午後の紅茶 ミルクティーデコレーションケーキ』

(6個入・実勢価格 税込328円・2023年1月17日発売)

紅茶の豊かな香りとミルクの濃厚な味わいが特長の「午後の紅茶 ミルクティー」をイメージしたクリームをケーキでサンドし、チョコレートでデコレーションしている。

しっとりとしたやわらかな生地にたっぷりのクリーム。ミルクティーのあの味わいがふわっと口の中に広がる。

見た目にも華やかさやボリュームのあるケーキなので、ちょっと贅沢なティータイムを過ごしたい時にもぴったり。

 

ビスケット

『午後の紅茶 レモンティークリームサンドクッキー』

(8個入・実勢価格 税込248円・2023年1月17日発売)

紅茶葉のフルーティーで豊かな香りとレモンの爽やかな酸味が特長の「午後の紅茶 レモンティー」をイメージしたクリームを、紅茶の豊かな香りが楽しめるクッキーでサンド。

こちらも紅茶葉粉末量を増量し、より爽やかな風味が感じられるようになったのだとか。

封を開けるだけでレモンティーのあの香りがふわっと漂う。サクッと軽やかな食感で厚みのあるクッキー生地。レモンティークリームが爽やかで上品。

 

「午後の紅茶」のフレーバー違いのペアリングもまた楽しい!

どれも「午後の紅茶」をしっかりと感じるお菓子たち。もちろん、キリン『午後の紅茶』とペアリングすれば、その魅力はさらにパワーアップ。

 

同じフレーバー同士の相性がいいのはもちろんのこと、「午後の紅茶 ストレートティー」×「午後の紅茶 ミルクティーデコレーションケーキ」といった違う組み合わせもアフタヌーンティー気分を高めてくれる。ぜひおためしを。

 

『午後の紅茶 ストレートティーベイクドショコラ/ミルクティーデコレーションケーキ』は全国のスーパーなどで入手可能(※コンビニエンスストア・駅売店を除く)。『午後の紅茶 レモンティークリームサンドクッキー』は、全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで手に入る。

 

あわせて読みたい:今年のコラボはペアリング重視!『午後の紅茶 ストレートティーベイクドチョコ/ミルクティーサンドクッキー/レモンティーガレットサンド』

あわせて読みたい:「午後の紅茶」x「マリー」、「小枝」がコラボ3連発! 『マリーを使ったガレットサンド<ミルクティー>/サンドケーキ<レモンティー>』『小枝<ストレートティー>』

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック