濃くてコクがあるブランド卵『ヨード卵・光』で卵かけご飯を食べたらうますぎた!

 

卵かけご飯やすき焼きに使うなら、コクや味わい深さのある生卵を選びたい。そんなときは、日本初のブランド卵として発売された『ヨード卵・光』がおすすめ ! 一般的な卵の平均値と比べて3.5倍以上((株)味香り戦略研究所調べ)のコクがあるから、より濃厚な味わいが楽しめること間違いなしだ。そのおいしさを卵かけご飯でたしかめてみた。

 

専用飼料によって生み出された複雑な味わい。計200項目以上のチェックによる品質管理

専用飼料:海藻粉末、良質な白身魚の魚粉、とうもろこしなど

日本農産工業(神奈川県)は、1931年に設立した畜産・水産飼料事業、鶏卵事業、ペットフード事業などを手掛けるメーカー。1976年には日本初となるブランド卵『ヨード卵・光』(6個入・オープン価格・発売中)を発売し、現在では全国小売店店舗の約7割以上(首都圏は8割以上)で販売されている。

その味は、コクがあって濃い味わい。科学的なデータ分析によって一般的な卵の平均値と比べて3.5倍以上(※1)のコクがあることが証明されている。

(※1)味香り戦略研究所調べ

また栄養面では、人の必須ミネラルの1つでもあるヨード(ヨウ素)を多く含んでいるのも特徴。飼料メーカーのノウハウを活かしたヨード卵・光の専用飼料を与えることで、自然な形でヨードが卵に移行した独自の卵となっている。

卵の色は赤

卵を生で食べるのはちょっと怖い、という方もいるだろう。だが安心してほしい。『ヨード卵・光』は、農場とGPセンター(選別と梱包を行う施設)で、計200項目以上のチェックを行う認定制度を採用。また、定期的に卵質検査、サルモネラ、大腸菌検査を実施するなど、厳しい品質管理がされている。味はもちろん、安全と信頼にも応えたブランド卵だ。

 

まろやかでコクのある味わい! 卵かけご飯で食べてみた

今回は『ヨード卵・光』の味を直接味わうために、卵かけご飯にして食べてみよう。

炊きたてご飯の上に卵をのせ(卵白はお好みで)、必要最低限のだし醤油をかけて完成。それではいただきます!

ものすごい弾力と張りだ!

卵黄をお箸で割ると明らかにとろみが違う。まるで半熟卵のようなねっとり具合。そのおかげか、食べてみるととてもまろやかな味わいが一番にお出迎え。そこからご飯やしょうゆの旨味と塩味を感じながら、ベースには卵の深みのある味わいがどっしりと存在している。コクがあるとひと言でいえば簡単だが、まったりとした濃厚さや奥行きを感じる複雑な味わいだ。

後味にはほんのりと残るコクや旨味。濃厚でコク深くないとこうはいかない。この余韻までも楽しめるのが、生卵で食べる『ヨード卵・光』ならではの良さだろう。

 

今年も1年お疲れ様! 年末の卵はいつもよりコクが楽しめる『ヨード卵・光』で!

今回は卵かけご飯で食べたが、すき焼きやうどんなど、生卵を使う料理にはなんでも合いそう。年末年始の料理を一段おいしくしてくれること間違いなしだ!

 

全国のスーパーマーケットを中心とした小売店で発売中。

 

公式サイトはこちら

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック