本格的で美しいボケ味ある写真を撮ろう! 軽くてコンパクトな『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』

 

年末年始は家族や久しぶりに親戚と過ごす人も多いのでは? 家族との貴重な思い出を、一眼レフやミラーレスカメラでしっかりとした写真に収めたいと思っている人に注目してほしいのが、ポートレート撮影に最適なカメラ用交換レンズ『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』だ。本格的なボケ味で綺麗な写真を撮影できるレンズの魅力を、実際に使用しつつご紹介しよう。

 

ポートレート撮影にも動画撮影にも最適なコンパクトな85mmレンズ!

写真用品・光学製品メーカーのケンコー・トキナー(東京都)は、カメラ用のアクセサリー類や交換用レンズなど幅広い商品を展開している。『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』(価格 税込103,840円・発売中)は、SAMYANG50周年を記念して35mm F1.4と50mm F1.4の第2世代モデルに引き続き作られたカメラ用交換レンズだ。

 

優れた解像性能を持ち、STMモーターを採用したことで静かに早く正確なAF(オートフォーカス)を実現。同様の規格の85mmレンズよりもコンパクトで持ち運びやすいのも特徴だ。写真はもちろん、動画撮影時にも滑らかなAF駆動をしてくれる。

 

85mmレンズは一般的に中望遠レンズとも呼ばれている。近くのものに寄って撮ることや遠方のものを撮るのではなく、適切な距離感を開けて人物や風景、フィギュアなどのコレクションなどのポートレート撮影に適している。

F1.4の開放時にも高い解像度を誇るレンズ配置がされている。このF値が低ければ低いほど、背景がボケて被写体をくっきりと浮かび上がらせる写真を撮影することができるようになる。『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』はソニーFEマウントに対応しているので、購入の際は所持しているカメラが装着可能か確認を忘れずに。

早速、SONY製のミラーレスカメラに『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』を装着! 本格的なレンズと一体となったカメラは、それだけで良い写真が撮れそうな雰囲気が感じられる。スマホでも気軽に写真を撮れるようになった昨今だが、しっかりとカメラにレンズを装着して撮影することで、撮る側も撮られる側も一層身が入るだろう。

 

実際に『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』で撮影してみた!

『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』を付けたカメラを持って、散歩がてら街中の風景などをパシャリと撮っていく。1時間ほど持ち歩いても重さを感じることなく楽しく撮影できた。中望遠に最適な被写体との距離感を掴むまではある程度慣れが必要だが、カメラを向けつつAFが合うようにしていくとすぐに慣れてくる。

写真を撮ってみて感じる魅力は、やはり背景がしっかりとボケること。スマホでも似たような写真は撮れるが、あくまでボケたように見える加工を施しているので、こういったボケ味のある写真はちゃんとしたレンズならではだ。

カメラを持ち歩くことで、普段は見逃しがちなあらゆるものに焦点が当たる。落ち葉もアップにするとしっかりと細部まで写真に記録できていた。

ポートレート写真も、ボケ味が効いて印象的な写真に仕上げることができる。AF性能も優秀なので、カメラの設定を細かくせずともちょうどいい塩梅でシャッターを押すだけで、気軽に本格的な写真が撮れる。レンズにはカスタムスイッチが付いているので、AF時にもフォーカスリングを操作しての絞り設定ができるので、こだわりの幅も広い。

比較として、他のレンズで同様の画角でポートレート撮影をしてみた。やはりボケ味による被写体の引き立ては『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』が優っていると感じる。

持ち運びもしやすく、手軽に人物ポートレート写真や風景の写真を撮影できる『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』。一眼レフやミラーレスカメラを持っていて、そろそろレンズを買いたいと思っている人は、85mmレンズを選択肢に入れてみてはいかがだろうか。

 

『SAMYANG AF 85mm F1.4 FE II』は、全国のカメラ店やオンラインショップで購入可能。

 

 

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック