いつでも新鮮まろやかなおいしさ『正田の丸大豆しょうゆ 特撰400ml 密封ボトル』をお正月料理に

 

いつでもフレッシュなおいしさと香りが味わえる『正田の丸大豆しょうゆ 特撰400ml 密封ボトル』。鮮度をキープする二重構造のボトルを採用しており、量の調節がしやすく料理中でも片手で使いやすい。普段のメニューはもちろんのこと、おせち料理など特別な日のメニューにも大活躍。今回はお正月メニューの定番、醤油ベースのお雑煮を作ってみよう!

 

丸大豆醤油ならではのまろやかな味わいで料理をおいしく

正田醤油(群馬県)は明治6年創業。発酵技術や醸造技術を継承しながらこだわりの醤油を作り続けている。

今回ご紹介するのは『正田の丸大豆しょうゆ 特撰400ml 密封ボトル』(希望小売価格 税込299円・発売中)

 

密封二重構造の柔らかいボトルなので、空気が入らず、常温保存でも酸化による風味の劣化を防ぎおいしさが長持ちする。

 

醤油造りの原点に立ち返り、丸大豆をじっくり仕込んだ本醸造醤油。普通のこいくち醤油に比べ旨味成分も多い。

 

おいしさをキープする密封ボトルでいつでも新鮮な風味を

ワンタッチで開けられるキャップは調理中にも簡単に使えて便利。 

ボトルを傾けるだけで注ぐことができ、さらにボトルのくびれ部分を軽く押せば注ぐ量を調節できる。一滴から使いたい分量だけを注げるから、冷奴など直接かけるシーンから調理まで様々なタイミングで使いやすい。

小皿に取り出すだけで、醤油の華やかな香りに包まれる。丸大豆醤油ならではのまろやかな味わいと深く芳しい香り。しょっぱさや塩辛さがおだやかで、素材のおいしさをより一層引き立ててくれる。深みのある色合いで、醤油の味わいをしっかりと生かしたい時におすすめ!

 

まろやかな醤油のおいしさを生かしたお雑煮作り

毎日の料理にはもちろんのこと、年末年始など特別な日の料理にもこのおいしさが活躍する。醤油の旨味を生かしたお雑煮を作ってみよう。

かつおと昆布の合わせダシに、大根、鶏肉を加えて、灰汁を取りながら食材に火を通す。

正田の丸大豆しょうゆ 特撰で味を整えよう。醤油に熱が加わることで、さらに醤油の香りが華やぐ。

器に焼いた餅などと一緒に具材を盛り付けて、静かにつゆを注ぎ入れよう。あらかじめ茹でておいた飾り切りのにんじん、かまぼこ、三つ葉などを飾ってできあがり!

 

素材のおいしさを引き立てる

こだわりの醤油で作るお雑煮は、上品なだしのおいしさとまろやかな醤油の風味でホッとする味わい。ジューシーでやわらかな鶏肉と、大根に染み込んだ旨味もたまらない。

お雑煮やおせち料理の他に、これから迎える冬至に合わせて、いとこ煮作りにも大活躍してくれそう。

正田の丸大豆しょうゆ 特撰は特別なハレの日はもちろん、普段のお料理にも気軽に使えるお醤油。ワンランク上の美味しさを味わいたいなら、ぜひを使ってみて。

 

『正田の丸大豆しょうゆ 特撰400ml 密封ボトル』は公式オンラインショップで発売中。

 

商品の詳しい情報はこちら

正田醤油公式HPはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック