大豆をまるごとデザートに! 『なめらか大豆プリン ローストキャラメル』は、食べ応えバッチリなヘルシーおやつ

 

ひと口で癒やされる甘いおやつ、できることならヘルシーさも取り入れたくなる。『なめらか大豆プリン ローストキャラメル』は、大豆をまるごと使用したヘルシーデザート。大豆特有のざらつきやエグミもなく、大豆の栄養素も摂取できるのだ。今回はおやつタイムに合わせて、大豆プリンにホットコーヒーを合わせてためしてみた。

 

独自技術で誕生した大豆ペーストを使用したヘルシープリン

味噌やおかずみそなどの製造販売で有名なヤマク食品(徳島県)。発酵食だけでなく、水ようかん、わらび餅などのデザートも手がける老舗味噌メーカーだ。

今回ご紹介する『なめらか大豆プリン ローストキャラメル』(内容量 100g・希望小売価格 税込162円・発売中)は、同社ならではのヘルシーデザート。

大豆といえば良質なタンパク質、食物繊維が多く含まれており健康にはかかせない食材。こちらのプリンは、大豆をまるごと使っているから、おから部分の栄養もしっかり含まれているのが特長だ。また、ヤマク独自の大豆処理技術で、豆特有のザラつき、えぐみのないキレイなおいしさとなめらかな舌触りを実現。大豆食品として、今までとは違う新しい工夫を重ねた「大豆ペースト」で作られたデザートなのである。

食べ応えのある味わいは、朝昼晩、シーンを選ばずカンタンに食べられるのでとっても便利! 気になるカロリーは、130kcalと控えめ。 おいしいスイーツを愉しみつつも、健康や美容を気にする人にぴったりだ。

 

『なめらか大豆プリン ローストキャラメル』をためしてみよう

あらかじめ冷蔵庫で冷やしたプリン、パッケージを外し内側を見てみると大豆のマメ知識が。大豆と豆乳の違いを知るなんてちょっと得した気分。


「なめらか大豆プリン」シリーズは卵を使っていない。一般的なプリンに比べ、やや白っぽい。

中ブタを開けると、こぼれそうなほどぷるぷる! 大豆ってしっかり固まるイメージがあったけど、この緩やかな動きにココロが和む。容器をひっくり返し器に移すと、スルッとカンタンに移せた。

 

香ばしいキャラメルの香りが漂ってきて期待が高まる。

見た目からクリーミーさが伝わってくる。さっそくひと口いただくと、サラッとしてて食べやすい! ぷるぷるの見た目とは違い、食感はややしっかりめ。例えるならば、ほんの少し水羊羹に近い舌ざわりかも。キャラメルのほろ苦さは少なめで、ほどよい甘みと重なる豆本来の深みが、じわじわと口の中に広がってきた。

 

おうちのおやつタイムは豆コンビ

大豆プリンに合わせるのは、ホットコーヒー。キャラメルの甘さとコーヒーの苦みが絶妙にマッチ。あまりの食べやすさに、ペロリと食べてしまった。食べ応えもあり、お腹もココロも大満足! コーヒーのほかにも、紅茶やほうじ茶など自分の好きな組み合わせもよさそう。

 

大豆プリンで豆のおいしさを味わおう

クセがなくスッキリとした味は、大豆が苦手な人でも食べやすい。デザートを食べながら大豆の栄養素を摂取できるなんて嬉しい限りだ。ふだん大豆を食べない人や、デザートは低カロリータイプを選びたい人にはぴったりだろう。

 

ちなみに、大豆プリンは常温でもOK! 冷やしてもそのままでも味わいは変わらない。賞味期限は120日なので、フードストックにも最適。食べやすい味なので、子どもからオトナまで幅広い年齢層によろこばれそうだ。濃厚なのにやさしい甘さの『なめらか大豆プリン ローストキャラメル』、大豆をミカタにしてヘルシーなおいしさを楽しもう!

 

購入は公式オンラインショップにて。

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック