カリカリ梅がポップコーンに!『ムラオカの梅しば味 ポップコーン』

新しいお菓子の開発も大変だなと、つくづく感じました。こんなコラボ、有りなんですね。カリカリ梅で知られる「ムラオカの梅しば」を、ポップコーンで再現しようなんて、普通考えないですよね。それが、この新商品なんです。その名もズバリ!『ムラオカの梅しば味 ポップコーン』。6月24日発売開始で、9月末までの期間限定販売です。

1

それこそ“バター臭い”ポップコーンに、日本の梅しばが合うんだろうか。そう思いましたが、食べてみると、これが意外とイケるんです。というよりも、これはかなり美味しいです。

2

「梅しば」は、村岡食品工業が生んだ、29年目のロングセラー人気商品。一方、ポップコーンのブランド「マイク」は、日本で最初の袋入りのポップコーンブランドで、1957年発売開始ですから、すでに55年以上もの歴史を持ちます。この老舗同士のコラボで、『ムラオカの梅しば味 ポップコーン』は誕生しました。

3

パッケージは梅を連想させる明るいピンク。そこにムラオカの「梅しば」の写真も載せ、左肩には、「マイク・ポップコーン」のロゴも入っています。1袋50gで税込105円。ポップコーンらしい軽さと、和風テイストのコラボが実現した、新しい味の誕生です。

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック