果実のおいしさをギュッと凝縮した『くだもの屋さんシリーズ』が、地球にやさしい新パッケージになって登場!

 

デルタインターナショナルの『くだもの屋さんシリーズ』は、長年愛され続けているドライフルーツ。

今回は環境に配慮した新パッケージを採用し、デザインも生まれ変わったのだそう。そのおいしさはどこからやってくるのか、今回は記者が特に気になった2種をピックアップしてためしてみた。

 

愛され続けて22年! 世界各国の果実が味わえる『くだもの屋さんシリーズ』

デルタインターナショナル(東京都)は、品質にとことんこだわったドライフルーツやナッツを販売する専門商社。

世界の原料生産者とゆるぎない信頼関係を築き誕生した「くだもの屋さん」。時代を超え、長年愛され続けるシリーズだ。

「種抜きソフトプルーン」

『くだもの屋さんシリーズ』(全9種・参考価格 税込484円・発売中)は、2022年6月に新たにリニューアル。パッケージには、CO2削減効果のあるリサイクルペット素材を採用。新しいプラスチックを生み出すことなく端材を無駄なく使用している。(プルーン、マンゴーは通常PET素材使用)

かわいいデザインの「マンゴー」

そして、デザインにはホワイトカラーをベースに、みずみずしい果物をプラス。シンプルかつ素材感を大切にした仕上がりに。シリーズは発売以来、「品質とおいしさ」で長年愛されてきたが、今回はより「おいしさ」を感じられるパッケージデザインにこだわったのだそう。

 

カルフォルニア産「種抜きソフトプルーン」

「種抜きソフトプルーン」は、砂糖、保存料を使わず、国内で加工されているのだとか。大粒で、これは食べ応えがありそう。

ひと粒約4㎝もある

プルーン特有のベタッとした感じがないので、袋にくっつかず取り出しやすい。食べてみると、しっとりとやわらかく、果肉のほどよい弾力とじゅわっと果汁が口の中に広がる。プルーンの甘味にほんのりとした酸味、果肉をたっぷり味わいつつ、鉄分やカリウムも補給できるなんて嬉しすぎる。

 

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにすればいつもと違った贅沢なデザートが食べられる!

 

南国フィリピン産「マンゴー」

続いては、カラバオ種のマンゴーを独自製法で加工した「マンゴー」。原料生産者は、世界トップクラスのトロピカルフルーツの加工メーカー。着色料、漂白剤を使わずに製造している。

ビタミンAも摂取できる

持ってみると、こんな分厚いの?  1枚の大きさは想像以上かも。食べてみると、マンゴーの濃厚な味わいと甘味が絶妙なおいしさ。マンゴー独特のエグミもなく食べやすい。さわやかな酸味とトロッとした果肉、もう手が止まらない! 

 

ラインナップも豊富だから選ぶ楽しさもある

今回ご紹介した2種の他にも、可愛らしいパッケージと充実したラインナップで、全9種。

 

フィリピン産のバナナを使用しココナッツ油で揚げた「バナナチップス」。6種類の果物が贅沢に詰まった「フルーツミックス」。北欧の自然で育った甘酸っぱさが味わえる「クランベリー」。風味と食感にこだわった「りんご」。

 

大粒で粒々感がしっかりある「ブルーベリー」。パインの芳醇な香りに噛むほど酸味と甘味が味わえる「パイナップル」。

噛むほどジューシーで上品な甘さとさわやかな酸味がたまらなく美味しい「マスカット」。

様々な種類のフルーツを味わえるラインナップなので、好みの味を探してみるのもいいかも。

お酒のおつまみや仕事の間食としても◎ 朝ごはんでヨーグルトに混ぜたり、グラノーラと一緒に食べたり、食べ方をアレンジができるから、選ぶとこから楽しめる!

 

保存もしやすく、生のフルーツは切るのが面倒だからと食べていなかった人にも取り入れやすい。

 

果物が好きな人や、ドライフルーツを今まで食べたことがない人にもおすすめ! 子どもから大人まで楽しめる『くだもの屋さんシリーズ』で、至福なおいしさをめいっぱい堪能してみて。

 

購入は全国のスーパーや量販店、WEBストアなどで。

また、公式Instagramでは抽選でプレゼントキャンペーンを実施中! こちらも要チェックだ。

ブランドサイトはこちら

 

オンラインストアはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック