【検証】透明ゼロコーラ『ペプシ からあげ専用』とケンタの相性はいかに?

油もののために生まれたコーラ!

 

日本の国民食のからあげに合うソフトドリンクとして名高いコーラ。それをさらにブラッシュアップして最適化したのが『ペプシ からあげ専用』だ。今回はからあげの中でもひときわ人気の高いケンタッキーフライドチキンと合わせて、相性を検証してみた。

 

アブラの天敵とも言うべき食物繊維を導入、アブラっぽさと戦えるコーラが『ペプシ からあげ専用』!

もともとスパイシーでほどよく酸味があって、炭酸がジュワッとくるコーラは、からあげのような油ものとの相性が良いソフトドリンクとして知られている。

 

しかしペプシはそれだけでは飽き足らず、ついに”からあげ専用”を名乗り、アブラの吸収で知られる食物繊維を投入、コーラの香りと甘さを控えめにすることでからあげのために最適化してきた。それがサントリー食品インターナショナル(東京都)『ペプシ からあげ専用』(600mlPET・希望小売価格 税込151円・2022年6月14日発売※夏季限定)である。ちなみに、ノンシュガー/カロリーゼロ/糖質ゼロの透明なコーラである。

 

透明な水色をほぼ隠しているのが不思議

 

もともとコカ・コーラと比べると、レモン風味の強いペプシ・コーラ。からあげと言えばレモンなので、何もしなくても相性抜群なはずである。そこで今回はからあげ界のなかで圧倒的な人気を誇るケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」との相性を確認してみた。

 

 

『ペプシ からあげ専用』vs ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン(オリジナルチキン)はおいしいけれど、食べ進めるとアブラ感で思ったよりは食べられないものだ。しかしコーラがあると、がぜん食は進む。それではより最適化した『ペプシ からあげ専用』ではどうなのか。

 

『ペプシ からあげ専用』のキャップをひねると、いつも飛び出してくるペプシ特有のレモンコーラ風味は確かに控えめだ。水色が透明(ほぼパッケージで隠されているが)ということもあり、サイダー感を感じてしまう。

 

飲んでみても、まさにサイダーとコーラの中間的な味わい。ペプシ特有のレモン感も控えられているので、かなり地味なコーラである。もちろんからあげのために生まれてきた『ペプシ からあげ専用』なので、単品で味をどうこう言うのは筋違いだ。

 

フライドチキンを食べる。口の中がしっかりアブラで潤されたところで、『ペプシ からあげ専用』を投入。確かに一瞬でスキッとする。甘さも控えめなので、余計にリセット感がある。何というか、較べるものではないと思うが、台所用洗剤「チャーミーMagica 一発洗浄スプレー」をアブラギトギトのフライパンにかけたときのような、一瞬のスッキリ感とでも言えばよいか…。

 

次のチキンに手を出すことに何の抵抗もなくなるくらい、食物繊維パワーでアブラ感がなくなり、炭酸とともにのどの先まですっきりするので、カロリーもリセットした気分になれる(『ペプシ からあげ専用』はゼロカロリーだが、フライドチキンはカロリーあり)。

 

 

もしこの『ペプシ からあげ専用』を用意して、ケンタッキーフライドチキンを購入するのなら、普段より1個多めに注文した方が良いかもしれない。

 

 

『ペプシ からあげ専用』の入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

あわせて読みたい:【復活の透明コーラ】無色透明、でもコーラな不思議体験! 『ウィルキンソン タンサン ゼロコーラ』【ダイエット】

あわせて読みたい:知る人ぞ知るあの味『コカ・コーラ ゼロシュガーレモン』がついに発売、味わってみた!【期間限定】

あわせて読みたい:【クセ×クセ】『ドクターペッパー チェリー』のおいしさとは? 【シリーズ・ドクペの魅力】

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 清水葉子

トラックバック