【クセ×クセ】『ドクターペッパー チェリー』のおいしさとは? 【シリーズ・ドクペの魅力】

怖いもの飲みたさ

 

コーラ系炭酸ドリンクの一種として分類されることの多い「ドクターペッパー」(愛称:ドクペ)は、そのクセの強い味わいで人気だ。今回はさらにクセの強いアメリカンチェリー味を追加した『ドクターペッパー チェリー(Dr Pepper cherry)』を紹介する。果たしてクセ×クセはおいしいのか?

 

日本のさくらんぼとひと味違うチェリーならではのいかがわしい味で”クスリくささ”がさらにパワーアップ!

当初はヘルシードリンクとして発売され、実はコーラよりも歴史が古い「ドクターペッパー」(1885年)。コーラよりもスパイス感が強く、「20種類以上のフルーツフレーバー」というのが売りだ。通常のコーラも”クスリくさい”と感じる人もそこそこ多いが、「ドクターペッパー」はほとんどの人が”クスリくさい”と思いつつおいしいと思って飲んでいる特殊なドリンクである。

 

今回ためしたシーエフシージャパン(輸入元・大阪府)『ドクターペッパー チェリー』(355ml・実勢価格 税込155円・発売中/原産国・アメリカ・米国Dr Pepper Snapple Groupの製品)は、そうしたクセの強さで評判のドクペに、さらにアメリカンチェリー味を追加した製品となる。ちなみにコカ・コーラも”チェリーコーク”の愛称で知られるクセ強めの「コカ・コーラ チェリー」を出しており欧米主体に人気が高い。

 

では実際にチェリーコークならぬチェリードクペを飲んでみよう。

 

 

『ドクターペッパー チェリー』を飲んでみた!

 

 

プルトップを落とすと、湧き上がってくるほんのりダーク感のあるアメリカン・チェリーの風味。日本のさくらんぼ味は甘酸っぱさが特徴だが、アメリカン・チェリーは一種独特の毒々しさ、いかがわしさがアクセントになっているところがポイントである。したがってクスリくささはMAXレベルに。これは人を選ぶかも知れないが、記者はこういうところが好きである。

 

炭酸はきめの細かいタイプで、ドイツビールのような圧で迫ってくる。味わいもまた、謎感の強いフルーティーさが光る。これはうまい。おいしいクスリくささにどっぷり浸れる。もちろん猛烈に苦手な人はいるとは思うが。チェリーコークに比べても、格段のクセの強さがいい。

 

入手は輸入食品取扱店などで可能だ。

 

あわせて読みたい:【定番】『ドクターペッパー』のおいしさとは? コーラと何が違う?【ドクペの魅力】

あわせて読みたい:【ジンジャーエールとは?】ドライが辛い!?『ウィルキンソン ジンジャエール/ドライジンジャエール』の真実【基礎知識】

あわせて読みたい:【ブーム継続中】6種スパイス+4種果汁+燻製酢仕上げ『成城石井 クラフトコーラ』はどんな味?

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック