大きなゴミの解体にはコンパクトな『多目的廃棄物ノコギリ』がおすすめ! ザクザク解体して、ゴミ処理ラクラク!

 

処分したい大型ゴミ、あと少しでゴミ袋に入るのに… 、ともどかしい思いをしたことはないだろうか。そんなときはコジットの『多目的廃棄物ノコギリ』におまかせ! プラスチックから金属まで、女性でも簡単にカットできるのだ。さっそくためしてみよう。

 

大きくて持ち運びしにくいサイズもコンパクトサイズに変身

クスッと笑顔になるような面白いアイデア商品を生み出すコジット(大阪府)は、日用雑貨など1000を超えるアイテムは「なるほど!」と納得する商品ばかり。

『多目的廃棄物ノコギリ』(サイズ:全長約51cm・折り畳み時約29cm・希望小売価格 税込み 2,178円・発売中)は、同社のアイデアが詰まったヒット商品。楽天市場「ノコギリランキング」では、1位を受賞し、出荷実績約163万4千本(2014年10月~2022年4月※メーカー調べ)!

重さは約292g

持ち手は握りやすいラバーグリップを採用しているので、疲れやすさを軽減してくれる。折りたたみ式なので、収納にも邪魔にならないのがうれしいポイント! 大きさは刃渡り約22㎝、グリップ部分も含むと全長約51㎝とやや大きめ、刃先の角度も3段階の調節が可能。そして、安全性の面では、刃の飛び出しを防止するロックボタン式を採用している。

 刃には鉄と炭素を合金した炭素銅を使用し、カーペット、物干し竿などのステンレス、衣装ケースなどのプラスチック、パイプ椅子の鉄などにも対応している。

 

『多目的廃棄物ノコギリ』をためしてみよう

普段、大型ゴミを小さなノコギリで気長にカットするのだが、手も痛くなるし正直やりたくない気分になる。そんな気持ちを解消してくれるのだろうか…、使い方の確認をしてみよう。

刃を出すときは、ロックボタンを押しながら、ゆっくり刃を引き出していこう。カチッと音がしたら、しっかり刃が固定された合図だ。

刃の角度は3段階!

こんな角度もOK

今回はポリプロピレン製のトレイ(タテ約25.5×ヨコ約35㎝)を処分しやすいように半分に切ってみる。

このトレイ、微妙に袋に入りきらないのがもどかしい。しっかりとした厚みがあるが、果たしてカットできるだろうか。

刃先をトレイの中心部に置き、軽く切りながら切り口を付けていくことに。シュッシュと刃先から削る音… 、手の小さな記者でもグリップがピタッとくっついているみたい。よし、だんだんと慣れてきたので徐々に力を入れて切ってみよう。安定した刃の滑りのせいか引っかかることもなし。本体自体はやや重めだが、持ちにくいほどではないな。

厚みのあるトレイも簡単に切れる

10分も経たないうちに解体完了! あっという間に半分に切れてしまった。切り口を見てみると断面もキレイだ。コレならゴミ袋に入れてもビニール袋が破れる心配もなさそう。

ビニール袋にもすんなり入った

他にも、木製机やストーブのステンレス製ガードも切ってみたが、どちらも短時間で解体に成功。これまで疲れながらギコギコと小型ノコギリで断裁していた記者だが、疲れは格段に違うような気がしたし、あのうんざりした気分になることもなかった。時短にもなって処分費用の節約もしてくれるなんて、一石二鳥を叶えてくれるアイテムだ!

 

女性でも使える廃棄物処理の心強い味方

ノコギリ初心者の人は慣れるまでに時間が必要かもしれない。でも、最初は刃先で切り口を付ければ、あとは押し引きするだけでOK。慌てずゆっくり動かせばうまく切れるアイテムだ。

大型ゴミも手軽に処分しよう

おうちで大型ゴミを処分したい人や、ノコギリ初心者の女性にもおすすめ! 『多目的廃棄物ノコギリ』で、安定した切り心地を体感してみて。楽天市場、全国のホームセンター、バラエティショップなどで販売中。

公式サイトはこちら

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック