植物性ミルクがさらにおいしくリニューアル『オーツミルククラフト』を料理やお菓子作りに使ってみよう

サラリとほのかな甘みがおいしい

 

サラリとしたクセのない飲み心地がおいしい『オーツミルク』がリニューアル。グルテンフリーの植物性ミルクは、普段の飲み物としてはもちろんのこと、料理やお菓子作りにも活用できる。飲み切りやすいサイズの200mlに加えて、新たに大容量サイズの1000mlも仲間入り!

 

オーツ麦を使った植物性ミルク『オーツミルク』がリニューアルしておいしくなった

マルサンアイ(愛知県)は、大豆を主原料とする味噌や豆乳などでおなじみの食品メーカー。豆乳をはじめとした植物性ミルクを40年以上手がけており、オーツの麦の粒から加工した『オーツミルク』を商品化。今回、特許製法である「穀物さらさら製法」の技術を用いて、よりおいしい『オーツミルククラフト』としてリニューアルした。

『オーツミルククラフト』(200ml・希望小売価格 税込140円・2022年3月1日リニューアル発売)

『オーツミルククラフト』(1000ml・希望小売価格 税込486円・2022年3月1日リニューアル発売)

 

サラリと飲みやすいのが特長

オーツ麦をマルサンアイの特許製法“穀物さらさら製法”でつくったオーツミルク。この製法によってのど越しが良く、クセのない柔らかな味わいに仕上がっている。

穀物さらさら製法(特許 第5074238号)…穀物液が製造過程において高粘度になることを抑え、さらさらな状態で連続的に製造する技術

エネルギーは100mlあたり43kcal。脂質も1.0gと少なめ。

オーツ麦を国内で加工して作られており、オーツ麦を糖化させたことによる麦由来のやさしい甘さが特長。香料、油、砂糖は使用しておらず、シンプルな原材料から出来ているので、料理やお菓子作りなどへの汎用性も高い。

 

そのままシンプルに味わうもよし、料理に活用するのもよし

飲み切りやすい200mlサイズ

ミルキーホワイトな色で、サラリとしたテクスチャ。オーツ麦のほのかな甘みがあり、後味はすっきりとしている。クセがないので、料理やお菓子作りにも使いやすい。

 

注目の栄養素「β-グルカン」

オーツ麦には、毎日の健康維持に摂り入れたい水溶性食物繊維のβ-グルカンが含まれている。

料理などにたっぷりと使いたい時には、大容量の1000mlサイズがおすすめ。キャップ式で、注ぎやすく持ちやすい容器を採用している。

 

グルテンフリー、植物性ミルクでおいしいオーツミルクラテ

ホットコーヒーにプラスすれば、植物性ミルクで作るオーツラテのできあがり。

コーヒー豆とオーツ麦の相性が抜群で、さっぱりとした風味が楽しめる。オーツ麦のほのかな甘みも感じる。シリアルにかけたり、スムージー作りに活用するのはもちろん、熱を加えても風味はそのままなので、クリームシチューやグラタンなどにも使えそう! 普段のお料理にも幅広く気軽に使えるのも魅力だ。

動物性原料を使わない植物性ミルクという選択肢が、ますます身近に感じられるようになってきた。そのまま飲んでもおいしくて料理にも幅広く使える『オーツミルククラフト』は、全国のスーパーやECサイトを中心に発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック