乳製品・動物性原料を使わない『植物バター』が思ったより濃厚だった!【プラントベース】

乳製品を使っていないバターのおいしさは!?

 

近年、植物性代替食品が注目されている。動物性の原料を一切使わずに作られている食品のことで、健康や環境への配慮からも植物性を選択する人が増えている。今回ご紹介するのは『植物バター』。乳製品など動物性原料は一切使わずに、バターに劣らない濃厚なコクを生み出しており、次なるトレンド食材として注目しておきたい商品だ。

 

マーガリンと違い、プラントベースで作られたSDGsなバター、その実力は?

マリンフード(大阪府)はマーガリン、チーズ、ホットケーキを主力とする多彩な商品の製造・販売を手掛ける食品メーカーだ。植物代替食品(プラントベースフード)は、健康意識への高まりや、SDGsの観点からも持続可能な食品として注目されることが多い。

当然、乳製品をたっぷりと使うバターは動物性食品。その動物性原料を一切使わずに作ったのが『植物バター』(160g・オンラインショップ価格 税込350円・2022年4月1日発売)である。

実は植物油脂が使われているマーガリンは、ほとんどの商品で粉乳や生クリーム、バターなどの動物性原料で味付けをしており、動物性原料を使用していることが多いのだ。メーカーによると『植物バター』はヴィーガン、フレキシタリアンの人に対応した商品だという。

 

そして一般的に植物バターと聞くと、マーガリンのようなややあっさりとした味わいをイメージするかもしれない。動物性原料を使ったバターと比べると、どこか物足りなさを感じてしまうものだった。そこを克服したのがマリンフードの『植物バター』だ。

 

同一製造ラインにて乳成分を含む製品を製造。原材料 :食用植物油脂(国内製造)、食用精製加工油脂、発酵調味料、食塩、ココナッツペースト、酵母エキス/乳化剤、香料、着色料(カロテン)、(一部に大豆を含む)

加熱しても濃厚な味わいになるように、使用したのはココナッツペースト。旨味を出すために使われているのが、酵母エキスや発酵調味料。

 

まるで本物のバターのようなおいしさ

パッケージの形もあるが、パッと見た感じではマーガリンのよう。

冷蔵庫から取り出してすぐに使えるソフトタイプ。

いつでもスッとバターナイフが入るやわらかさ。

トーストしたパンにたっぷり塗って頂いてみよう。焼きたてのパンに塗ると、熱でじんわりと溶けて生地に「植物バター」が染み込んでいく。

植物性だからこそ追求した濃厚さ

ひとくち食べてみると、コクのある味わいの中にココナッツの香りがふわっとやってくる。なめらかな口どけと濃厚な旨みで、バターやマーガリンのようなおいしさ。ほんのりココナッツ風味のバターといったイメージで、濃厚でありながら軽さのある味わい。ココナッツの自然な甘みが好きな人にもおすすめできる。

パンに塗るのはもちろんのこと、炒め物やパスタなどにも火が入ってもコクが残る。植物性のクリームパスタ作りも簡単。豆乳など植物性素材とともに、濃厚なクリームソースを「植物バター」で作ってみよう。

乳製品のバターに比べてコレステロールを98%カット

※乳製品のバター(日本食品標準成分表2020)と比較

100gあたり

  • エネルギー 758kcal
  • たんぱく質 0.2g
  • 脂質 83.6g
  • コレステロール 2mg
  • 炭水化物 1.3g
  • 食塩相当量 1.6g

 

植物バター10gあたりで換算すると75.8kcalになる。一般的な動物性バターも10gあたり約75kcalなので、エネルギー的にはそれほど差がないが、乳製品のバターに比べてコレステロールが圧倒的に少ないのも特徴。健康面を気にする人にも選びやすい。

食の選択肢が広がる植物性食品

開封後はお早めに。動物性原料を使用していない『植物バター』は公式オンラインショップをはじめ、スーパーなどで購入できる。

 

あわせて読みたい:低コレステロールで魚卵アレルゲンフリー! サステナ・グルメ『ほぼいくら』のプチプチ感を検証!

あわせて読みたい:SNSでバズったアイス最新作! 赤城乳業『かじるあまおう苺バターアイス』を食べてみた

あわせて読みたい:肉料理にジャムを使う時代! 進化型ジャム『アヲハタ 55ジャム』と、果物だけの甘さで作られた『アヲハタ まるごと果実 クランベリー』をおためし!

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック