小さくなってリニューアル! オレンジの明かりが心地良い『トモス スモール テーブルランプ』

 

グラデーションの明かりが綺麗な「トモス テーブルランプ」が、ひと回り小さくなってリニューアル! ディクラッセ『トモス スモール テーブルランプ』は場所を選ばす置きやすくなった。高級感のあるデザインと心地よいオレンジ照明の美しさを体感してみよう。

 

灯すだけですべてを包み込むような快適空間。就寝前はぼんやり明かりがおすすめ

「光が生み出す癒しの影をデザインする」をコンセプトに企画、デザイン、製造、販売、まで一貫して行う株式会社ディクラッセ(東京都台東区)の『トモス スモール テーブルランプ』(2色・希望小売価格 税抜15,000円・発売中)は、「トモス テーブルランプ」を小さくしたリニューアル商品。

画像はベージュ

小さくなってもその特徴はそのまま。金属フレームとファブリックのシェードの組み合わせは、和室にも洋室にも使いやすい和洋折衷のモダンなデザイン。

ファブリックの質感が温かみを感じさせてくれる

高級ホテルや旅館を思わせる落ち着いた見た目なので、1つ置くだけで部屋全体の雰囲気をガラリと変えてくれる。

カラーはベージュとチャコールブラウンの2色。

どちらも落ち着いた色合いで部屋に馴染みやすくリビングや寝室など置き場所を選ばないカラーリングだ。

スイッチを入れると、ファブリックシェードにオレンジ色の明かりが灯される。

無段階で調整できる調光スイッチになっているので、例えばリビングなら最大、寝室ならほんのりとした明るさに調整できる。

ムラのない美しいグラデーションは柔らかく安心感のある印象。

 

ナイトランプにも! 『トモス スモール テーブルランプ』の使い心地をチェック

点灯(小)

さっそく記者もテーブルの上に置いて使い心地を確認。

LEDや蛍光灯などの屋内照明のような刺す明るさがなく、オレンジの光は空間すべてをお風呂のように温かく包み込んでくれる。特に就寝前に点灯(小)にして過ごすと不思議とリラックスできて心地よかった。

点灯(中)

オレンジ色の優しい光は、副交感神経に働きかけることで脳をリラックスさせてくれる効果があるという。

点灯(強)

きっと記者の感じた温かさは勘違いではないだろう。

秋の夜長、心落ち着く明かりでゆったり過ごし、就寝の際にぼんやりと灯すのがおすすめだ。

ナイトランプや間接照明の1つとして使うのがおすすめ

自宅で過ごす時間が増えた今、照明で安らぎ空間を手に入れてみて。

 

『トモス スモール テーブルランプ』は、直営店 lux di classe、ディクラッセ直営のWEBショップ DI CLASSE ONLINE SHOP楽天市場で発売中。

 

・主な仕様

サイズ:12×12×27.5cm

電球: E-17/40W 白熱 ミニ球 (フロスト)

※LEDは調光器対応の電球であれば使用可能

※電球型蛍光灯は使用不可

重量: 約1.3kg

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/official images

トラックバック