【新発売】回るグラス!? 「アデリア」の遊び心満載『ゆらりゆらり』でおうち飲みが優雅に贅沢に!

ゆったり優雅に時間を楽しむためのグラス

 

人気の「アデリア」ブランドからおうち飲みを優雅にする、回るグラス『ゆらりゆらり』が新登場。ゆら〜りゆらりと回転するユニークなグラスは、一度手にしたらハマること間違いなし! 揺らして回して、おうち時間をより贅沢に楽しんでみよう。

 

ガラス食器の「アデリア」が仕掛ける、おうち飲みを優雅にする一風変わったグラス

石塚硝子株式会社(愛知県岩倉市)の「アデリア」は、テーブルウェアから容器や花器まで、幅広い製品を製造・販売するガラス食器のブランド。昭和レトロなデザインや、動物モチーフなどのガラス食器を扱っている。豊富なラインアップは、どれも可愛くて遊び心満載!

その遊び心が炸裂した新発売のグラスは、その名も佇まいも個性的な『ゆらりゆらり』。耳に残る、俳句や短歌の文頭にありそうなネーミング。

グラスの底面中央が膨らんだ円錐形状で、カタンと傾いた状態から、ゆらりゆらりと軽やかに回るユニークなグラスだ。遊び心が満載で、癒されること間違いなし!

 

種類は。盃とロックグラスの2種類。

『ゆらりゆらり 盃』(最大66 口66 高55 容90/実用容量約70・税込 価格440円・新発売)は、口部が天開形状で日本酒がすっきりした味わいになる。

手に取ると、つるっとしていて滑らかで、手触りがとても良い。心地良い厚みで、しっくりと手に馴染む。

底面は緩やかな独楽のような円錐だ。テーブルに置くと、カタンと傾く。回転させると左右にゆらゆらと揺れて面白い…!

『ゆらりゆらり ロック』(最大88 口88 高85 容280/実用容量約240・税込 価格660円・新発売)は、丸氷の一般的なサイズ(Φ60)がピッタリ入る本格派。大ぶりなグラスは、盃に比べて揺れも力強い。

試しに、手で回転をさせると独楽のようにクルクルと回る! グラスを通した電球の光が、テーブルに映りキラキラと揺れて楽しい。

さっそく2種のグラスで晩酌を楽しんでみたい!

 

『ゆらりゆらり 盃』

盃には日本酒を注ごう。凜とした透明感のあるグラスに、澄んだ日本酒の透明が合わさる。程よい厚みの縁は、口当たりが良く触れた唇も心地良い。すっきりと日本酒が喉を落ちていく。

テーブルに置けばカタンと傾いているが、溢れることはない。しかし、回してみたら…? 不安と好奇心が入り混じり、ワクワクする。指でそっと揺らすと、ゆらゆらグラスとお酒が揺れる。風にふかれた水面のようで、見ていて美しい!

更に強めに回転させてみるが、溢れたりはしない。表面のお酒もゆらゆら回転して、本当につい回したくなる。

 

『ゆらりゆらり ロック』

続いてロックグラスは、丸氷でウイスキーを堪能してみよう!

大きな氷がすっぽりと収まったグラスが傾くと、グラスに当たり軽やかな音が耳に心地良い。

盃で慣れた記者、独楽のように回転させてみる。ぐるんぐるん回しても中身は溢れない。揺らすと心なしか、ふわりふわりと立ち上るウイスキーの芳醇な香り。特別なグラスで飲むお酒は、優雅でまた格別な味わいだ。

 

試しに強めにグラスを押してみたが、倒れない。もし、酔ってうっかりグラスを引っ掛けたとしても、倒れにくそう…。倒すつもりで押してみたが、ガタンと傾くものの、グラスがひっくり返ることは無かった。

今までグラスを倒しまくってきた、おっちょこちょいの記者。これは、かなり高ポイントだ…! このグラスがあの時にあれば…! そんな恥の思い出を肴に、グラスを回せばお酒も進む。

コロナ禍でおうち飲みが増える中、この一風変わったグラスは、お酒好きはもちろん、食器好きも楽しめること間違いなし!

飲むお酒は器で味も雰囲気も変わる。『ゆらりゆらり』でいつもの時間とお酒を、より優雅に贅沢に変えてみて!

購入は公式楽天市場店アデリア直通PayPayモールなどから。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック