酸味と旨味が白ワインと相性抜群!『金華さばレモン<彩>(乳酸菌入り):6缶セット 』

 

近年は缶詰に対する印象もだいぶ変わってきており、産地の味わいを詰め込んだグルメな商品も数多く登場している。缶詰の代表格ともいえるさばの水煮の中でも、宮城県石巻市の「金華さば」ブランドの獲れたてを味わえるものが、木の屋石巻水産の「金華さば水煮シリーズ」だ。そのラインナップに登場した新商品『金華さばレモン<彩>(乳酸菌入り):6缶セット 』をお取り寄せしていただいてみる!

 

白ワインと一緒にいただきたい爽やかさと旨味が詰まった金色の缶詰!

昭和32年に石巻水産として創業した木の屋石巻水産(宮城県)は、戦後の食糧難の時代に石巻港に水揚げされる新鮮な鯨肉を缶詰にした「鯨大和煮」や、金華さばの缶詰で知られる。「金華さば」とは宮城県石巻市に水揚げされるさばの中でも旬を迎えて脂のりが最高潮を迎えた時にしか名付けられない業界では有名なブランドさばだ。

毎年秋以降、そんな希少価値の高い旬の「金華さば」を競り落としたあと、すぐに手作業で収め込んで鮮度を逃さないように冷凍することなく調理したものが、黄金に輝く缶詰となって全国へ出荷される。「金華さば水煮シリーズ」の缶詰は、木の屋石巻水産のロングセラー商品だ。

 

台所で嬉々として段ボールから缶詰を出していた記者に、金華さばの表記を見つけた父が「金華さば! 水煮じゃないんだ」と言ってきたが、その知名度の浸透ぶりを実感した。

『金華さばレモン<彩>(乳酸菌入り):6缶セット 』(価格・発売)は、「金華さば水煮シリーズ」の新ラインナップとして登場。シールド乳酸菌を100憶個配合しており、レモンを1枚ずつ丁寧に入れることで金華さばの酸味と風味をアップした商品だ。

 

国産調味料を使ったシンプルな味付けが特徴となっており、白ワインと一緒にいただくと美味しいということで、今回は白ワインを用意して食べ合わせしてみることに。

缶詰はフタを開ける瞬間のワクワク感もたまらない。パカっとオープンすると、鯖の旨味とレモンの爽やかさを感じられる香りが広がっていく。

缶のままいただくのも、それはそれで乙なものだがお皿に盛り付けていく。しっかりとした金華サバの身がたっぷり3切れ入っている。

どっしりと身が入っているが、箸で簡単にほぐれる柔らかさだ。手頃な大きさにして、まずは本来の味わいを確かめるべくひと口。その瞬間、レモンの風味が口一杯に広がり、噛んでいくうちに鯖の旨味があっさりと染み込んできた。レモンがサバをしっかりと引き立てて爽やかさを演出してくれている。骨も柔らかくよく噛めばそのまま食べられるほど。

それでは白ワインと一緒にいただいてみる。気分は高級レストランである。フルーティーな白ワインをいただいたあと、鯖をひと口。すると味わいの印象が変わり、さっぱりとした金華さばの旨味が前面に出る口当たりで、見事に引き立てられる。

これはぜひ白ワインを飲む前とあとで試してみてほしい。そのまま食べてもレモンの爽やかな風味を楽しむことができ、白ワインを合わせることでサバ本来の旨味が引き立つ。

『金華さばレモン<彩>(乳酸菌入り):6缶セット 』は、宮城県内の量販店やお土産店で購入可能。遠方の方でも、木の屋オンラインショップで購入可能なので、金華さば好きの人や白ワイン好きの人は、ぜひチェックしてみてほしい。

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック