ふりかけるだけでおいしくオシャレに変身!『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング/白味噌とチーズのシーズニング』でおうちカフェごはん!

クセになるおいしさ!

 

新感覚調味料で大人気の「809MISO」シリーズから、待ってましたの第二弾が登場。ふりかけるだけ、和えるだけで手軽に使える、フリーズドライの味噌『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング/白味噌とチーズのシーズニング』。普段のおうちごはんが、ちょっと贅沢でおしゃれなカフェごはんに早変わり。その使い勝手とおいしさをためしてみよう。

 

新感覚の”くだき味噌”を使った、便利で手軽な粉末調味料

明治27年創業の、ヤマク食品(徳島県)は、四国・京阪神エリアを中心に、味噌や味噌加工食品を展開している食品メーカーだ。

左から:809MISO 味噌とナッツ&クルトン/味噌と花椒のゴマ油/赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング/白味噌とチーズのシーズニング

味噌を主としてきた老舗の技術で作られた「809MISO」シリーズ第一弾『809MISO 味噌と花椒のゴマ油/味噌とナッツ&クルトン』は、フリーズドライの味噌を粗く砕きザクザクした食感が楽しめる、新感覚の調味料。テレビでも取り上げられ、話題沸騰! 一時期は完売するほどの人気っぷりだ。

あわせて読みたい:ザクザク食感の味噌!? 話題の新感覚調味料『809MISO 味噌と花椒のゴマ油/味噌とナッツ&クルトン』がやみつきの美味しさ!

 

人気シリーズ待望の第二弾は、簡単・便利な、味噌を細かく砕いて作った新感覚の味噌調味料。「ふりかけるだけ」「あえるだけ」で味が決まる、赤味噌と白味噌のフレーバー2種。

『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング』(45g・648円・2021年12月14日新発売)は、乾燥させてくだいた味噌と鰹節・黒ゴマを合わせた、うまみのあるシーズニング。味噌をフリーズドライにした、サラサラと軽いくだき赤味噌が詰まっている。

スリムな瓶入りで「809MISO」のロゴは、インテリア雑貨として置けそうなおしゃれなデザインだ。

軽くサラサラのごまと味噌の粒は、ほんのり香ばしい。味噌をフリーズドライで乾燥させているので味噌の良い風味もきちんと残っている。そのまま食べると、鰹節の旨みがじんわりと広がる。味噌の風味とごまの香ばしい風味がクセになる。このままふりかけのように、ご飯にかけてもおいしそう…!

『809MISO 白味噌とチーズのシーズニング』(45g・648円・2021年12月14日新発売)は、乾燥させてくだいた味噌とパルメザンチーズを合わせた、香ばしいシーズニング。

味噌をフリーズドライにした、くだき白味噌が詰まっている。このままパスタにふりかるだけでもおいしそう…!

 

どちらもかけるだけで、絶品調味料になる。今回は『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング』で、やみつき間違いなしの味噌マヨネーズを作ってみた!

 

『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング』で、やみつき調味料を作ってみた

用意するものはマヨネーズと『809MISO 赤味噌と鰹節と黒ゴマのシーズニング』。

あとはマヨネーズに混ぜるだけ!

ここは手軽に野菜スティックでいただいてみたい。

マヨネーズに鰹節の旨みが足され、独特の香ばしい風味。みずみずしい野菜に、コクと香ばしさがあるマヨネーズがクセになる。酸味が引き立ち、くどくないのにコクのある、意外なおいしさ。

混ぜただけでカフェみたい…!

マヨネーズに混ぜてもいいが、卵やチーズに使ってもおいしそう。マッシュポテトに混ぜてみたが、コクがプラスされ風味がとても良い!

まぶしただけでカフェみたい!

鶏肉にまぶして焼いてみたが、下味なしでお酒もご飯もすすむ…! 公式サイトでは同商品を使った「エッグベネディクト」や「フレンチトースト」など様々なアレンジレシピを公開中。見ているだけでおいしそう! こちらもあわせてチェックしてみよう♪

 

購入はヤマク食品の公式オンラインショップから可能。

公式サイトはこちら

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック