芋焼酎でサングリアができちゃう!? 軽やかなおいしさの本格芋焼酎『SUZUKIRISHIMA(スズキリシマ)』を堪能してみた!

芋焼酎の軽やかなおいしさに魅せられる1本!

 

焼酎メーカーのトップブランドである霧島酒造株式会社(宮崎県)より、新品種のさつまいも「スズコガネ」が使われた本格芋焼酎『SUZUKIRISHIMA』(20度・900ml・希望小売価格 税込891円・2021年9月24日宮崎エリア先行発売)が誕生。その味わいは、新感覚なエアリアルテイストだという。さつまいもの開発期間から含めると、なんと9年の歳月のかかった逸品だ。 その味わいに期待が高まる…!

 

こだわりの原料から醸し出される、新感覚の味わい

「エアリアル酵母」と「ふわり玄米」は霧島酒造独自呼称。

『SUZUKIRISHIMA』の原料となっているさつまいもは、農研機構「九州沖縄農業研究センター」と霧島酒造の共同開発により生まれた「スズコガネ」という新品種。原料のさつまいもから開発することで、味わいをがらりと変えられるのだとか。

 

ふわり玄米(玄米を最適に精白した米を使用した麹)、エアリアル酵母(霧島酒造が独自開発した酵母)、これらを組み合わせることで複雑でエアリアルな味わいを実現したらしい。

 

時代も、焼酎も、新しく!

『SUZUKIRISHIMA』は、スズコガネからとったネーミング。霧島酒造の焼酎といえば「霧島」の筆文字が印象的だが、英語で表記されており、一見すると焼酎とは思えないデザインなのも新しい。

 

黄金のラベルデザインも美しい

ラベルデザインは、霧島酒造のシンボルである霧島山と、原料芋の「スズコガネ」や商品名SUZUKIRISHIMAにも使われている「鈴」をあしらっている。鈴の柄の中には霧島酒造の焼酎を造るうえで大切な、自然(四季を表す桜、恵みの雨をもたらす雲、霧島裂罅水)を伝統文様のモチーフにデザイン。きめ細やかな線で味わいの奥行きや複雑さも表現しているそうだ。

高級感のあるシャンパンゴールドの色づかいは、焼酎を洋食やパーティーシーンに合わせるという楽しみ方もできそうだ! またお正月などの、お祝い事のシーンに添えても華やか。おめでたい雰囲気を演出するのにも一役買ってくれる。

 

華やかな香りのあとに広がる軽やかな味わい

アルコール分:20%

まずはそのままの香りを楽しんでみよう! 完熟した甘い洋梨のような濃厚かつフルーティーな香りで、華やかさがある。

そして一口。口当たりはとてもなめらかで、すっきりとした後味だがスパイシーな感じもある。そして、軽やかでありながらも深みのある旨みが口いっぱいに広がる…。

 

そのままの味わいを楽しみたい人はやはりロックがいいだろう。より芋焼酎本来の香りや風味が感じられる。時間が経ち、氷が解けていくとやわらかい味わいになっていくので、味の変化も楽しんでみて!

 

シュワッと弾ける炭酸割りは食事との相性も抜群!

香りが立つ炭酸割りはとにかく飲みやすい。大きめの氷を入れたグラスに『SUZUKIRISHIMA』を注ぎ、しっかりと冷やした炭酸水を加えよう。

 

軽快な口当たりになるので、飲み進めても重くならないのもポイント。これは焼酎初心者にもおすすめの飲み方だ。弾けるおいしさが増し、爽やかな後味になるので食事にも合わせやすい。ここにレモンやライムの輪切りを入れ、柑橘の風味をプラスすれば、フレッシュなおいしさがアップ。シャンパンのような華やかさもあるので、食前酒としても楽しめそう…!

食事に合わせるなら、スモークサーモンやクリームチーズ、ガーリックのきいたアヒージョなど、これまで焼酎ではイメージしにくかった洋食や軽食との相性が抜群。口の中をさっぱりとまとめてくれて、SUZUKIRISHIMAのおいしさがさらに際立つ。

 

芋焼酎で作るサングリア風!

今回は、りんご、バナナ、レモン、ミントを用意。

おうち飲みをさらに格上げしてくれるこんな飲み方もいかがだろうか。 様々なフルーツを漬けて作るサングリア風アレンジ、その名も「焼酎サングリア」だ!

サングリアといえばワインに果物やスパイスを漬け込むイメージだが、そのサングリアを焼酎『SUZUKIRISHIMA』で漬けてみようという新たな試み。お好きなフルーツやハーブをカットして瓶に詰めたら、静かに焼酎を加えていこう。

半日寝かせたら、漬け込んだ果物はボトルから取り出しておく。

このままひとくち。フレッシュな果実の風味が加わると、甘みとまろやかさが増し、香りもさらに華やか。とにかくフルーティーなおいしさがたまらない…。味わいがマイルドに変化しており、穏やかな後味になっている。ミントの爽快感もあり、とても飲みやすい。心地よい眠りにつくためのナイトキャップ(寝酒)にも良さそうだ。

 

そしてこのフルーティーさをスイーツとして楽しみたいなら、バニラアイスにちょいがけをしてみて。クリーミーなおいしさにフルーツリキュールが溶け合うようなおいしさが堪能できる。

漬け込み酒は酒税法の範囲内で楽しもう。詳しくは、国税庁ウェブサイト お酒に関してのQ&A【自家醸造】をチェックしてみて!

 

本格焼酎は糖質ゼロ! プリン体ゼロ!

本格焼酎は糖質ゼロだ(食品表示基準による)

本格焼酎は、糖質やプリン体を含まず、醸造酒に比べると低カロリー。ダイエット中でもお酒が飲みたいという人にも本格焼酎は人気だ。まだ本格焼酎をためしたことがない人でも気軽に楽しめるようなアレンジがいっぱいだから、初めての焼酎は『SUZUKIRISHIMA』をためしてみては。

SUZUKIRISHIMAは軽やかで華やかな味わいでありながら、カジュアルに楽しめる1本。芋焼酎好きさんはもちろんのこと、あまり馴染みがないという人にもぜひ味わってもらいたいおいしさだ。価格もお手頃で(900ml・希望小売価格 税込891円)、手に取りやすいのも魅力。今回ご紹介した900mlの他に、紙パック(1,800ml)もある。まずは地元の方に味わってもらいたいということで、『SUZUKIRISHIMA』は宮崎エリア先行販売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック