シャークのスマートなハンディクリーナー『EVOPOWER EX』、吸引力2倍の実力をおためし!

スマートにサッと掃除をしたい!

 

スタイリッシュなデザインで注目を浴びているシャークのハンディクリーナー『EVOPOWER EX』。軽くてコンパクトなのも人気の理由。従来製品よりも、2倍の吸引力と高い機能性を実現したというので、その使い心地をレポートする。

 

気になるところをサッと掃除できるスマートさ。普段のルックスもかっこいい!

家庭用フロアケア製品(掃除機など)、キッチン家電などを開発しているシャークニンジャ。Shark(シャーク)ブランドは、アメリカでシェアNo.1の掃除機メーカーとして2018年に日本上陸し、スチームモップやコードレススティックなどを展開。最近では、ハンディクリーナー市場で注目を浴びている。

そして日本の家庭に合う掃除ニーズの研究から誕生したハンディクリーナーが「EVOPOWER(エヴォパワー)」である。何よりもスタイリッシュで軽量。常に部屋に置いておけるデザインだからこそ、必要な時にすぐ手に取り掃除をする。その使い勝手の良さが評判となった。

 

よりパワーアップした最新ハンディクリーナー『EVOPOWER EX』

機種:WV406JGG(グレージュ)

今回、さらに進化を遂げたプレミアムモデルとして『EVOPOWER EX』(グレージュ・市場想定価格 税込29,700円・発売中)が登場。従来品よりもアップグレードした機能に加え、吸引力も2倍にアップしたという。

まずは中に入っているものをチェック。本体、充電スタンド、用途に合わせて付け替えられるアクセサリー(ヘッド)などが入っている。この機種(WV406JGG)のみ、フローリング用延長ノズル付き。ハンディでありながら、屈むことなく床表面の掃除も可能となった。

 

付属品の収納もスッキリ! コンパクトで軽量!

アクセサリーは充電スタンドにすっきりと収納(※フローリング用延長ノズル以外)。コンパクトなヘッド類を、きちんと定位置にまとめておくことが出来るので、バラバラにならず使いやすい。

充電ドッグに本体を置くだけで簡単充電。フル充電で最長35分(エコモード時)の駆動時間。気になるところをサッと掃除するだけなら、充電切れの心配なし。

本体の重さは、約680g。ペットボトル1本分よりやや重たいくらい。スティック状の持ち手を握るスタイル。手が小さめの人や握力の弱い人には、やや握りにくさがあるかもしれない。滑り止めや手を引っ掛ける部分がなく、しっかりと握らないとスルッと落としてしまう。…とは言え、長時間使うわけではないので、そこまで気にしなくてもいいのかも。

 

付け替えも簡単!用途に合わせて使い分け!

それぞれのアクセサリーも見ていこう。こちらは、隙間用ノズル。部屋の角や家具の隙間などの狭いスペースの掃除向き。車内のお掃除にも使いやすい。

マルチノズルは、汚れや毛髪を除去する小型ブラシ。細かいゴミをしっかりとキャッチしてくれる。小さめのヘッドは、小回りもきくのでファブリックなどのお掃除に。ジャケットなどをハンガーにかけたまま、埃取りとしても使うことができる。

ミニモーターヘッドは、強力なモーターがついており、高速回転で汚れや髪の毛を取り除く。カーペットやベッドなどのお掃除におすすめ。

そして、この機種(WV406JGG)のみに付属しているフローリング用延長ノズル。床や手の届かない場所のホコリなど目に見えるゴミを、腰をかがめずにラクに取り除く。このフローリング用の延長ノズルは、スタンドには収納できないので、他のスペースに置いておくことになる。長さがある分、充電スタンドでの収納は確かに難しいが、部屋の中にそのまま置いておくのも気が引ける。どこか別のスペースへの収納を考えなければならない。

アクセサリーの取り付けや取り外しは簡単。本体のサイドにあるボタンを押せば、カチッと取り外せる。直感的に操作できるのでこの辺りは使いやすい。

充電スタンドに置くだけで充電開始。定位置に戻すだけで、しっかりと充電できるので充電切れの心配もない。掃除のモードは3種類。電源を入れるとまずは「標準モード」。その他に、「ブーストモード」と「エコモード」を搭載。「ブーストモード」は吸引力が欲しい時に。その分、稼働音は大きくなるのでやや音は気になるかも。「エコモード」は夜間など音が気になる時に。シーンによって使い分けできる。

 

ボタンひとつで簡単ゴミ捨て

後ろのボタンを指で引くだけで、ダストカップがパカッと開く仕組み。手を汚さずにゴミ捨てができる。

ダストカップとフィルターは取り外して水洗いが可能。

コンパクトな分、ダストボックスはすぐにいっぱいになってしまうので、掃除をする度にゴミ捨てをする習慣はつけた方がよいかもしれない。

サブ機におすすめ! 気になった時にすぐに掃除できる快適さを

表面の気になるゴミをサッと掃除する分には申し分のない吸引力。稼働時間はエコモードの場合で約35分、標準モードで約20分、ブーストモードで約8分。

正面から見るとスッキリ!!

充電スタンドでそのままアクセサリーも収納でき、すっきりとまとめておけるのも良い。デッドスペースなども有効活用できそう。

部屋の広さなども関係してくるが、これ1台ですべてをこなすというよりは、やはりそこはハンディクリーナーなのでサブ的な使い方が向いているだろう。ちょっとゴミが気になる、散らかしてしまった…など。サッと取り出して、サッと掃除する。そんな時に部屋に置いてあると便利。

またスタイリッシュではあるが、部屋の中にハンディクリーナーを置いておいても気にならないという人向けかもしれない。コンパクトに収納はできるが、アクセサリーのヘッド類は見えているので、そこはやはり掃除用具感がある。本体ごと充電するので、コンセントを繋いで常に充電しておくような場所も必要だ。

カラー展開は3色。今回メインでご紹介したグレージュの他に、ダークチョコレートとローズレッドがある。カラーによって付属するアクセサリーが違うので、購入時にはよく確認を。隙間ノズル、マルチノズル、ミニモーターヘッド、フローリング用延長ノズルの4点がすべてセットになっているのはグレージュのみになる。

 

ダークチョコレートは、隙間用ノズル、マルチノズルの2点。ローズレッドには、隙間用ノズル、マルチノズル、ミニモーターヘッドの3点がついている。 価格も異なるので、好きな色に加えて、付属するアクセサリーの種類によっても自分にぴったりの1台を選んでいきたい。

軽さ、コンパクトさ、スタイリッシュさを兼ね備えたシャークのハンディクリーナー『EVOPOWER EX』。公式オンラインショップをはじめ、全国の家電量販店などで購入できる。

 

【スペック】

Shark EVOPOWER® EX 充電式ハンディクリーナーWV406JGG

本体サイズ:高さ390 x 幅62 x 奥行69 mm(使用時)

高さ:374 x 幅104 x 奥行276 mm(収納時)

本体重量:約680 グラム(本体)

運転時間:約35分(エコモード):約20分(標準モード):約8分(ブーストモード)

充電時間:約3.5時間

付属品:フローリング用延長ノズル、ミニモーターヘッド、隙間用ノズル、マルチノズル

 

あわせて読みたい:ダイソンキラーのハンディー掃除機『Shark EVOFLEX S20 充電式コードレスクリーナー』は交換バッテリー付き、パイプもぐにゃり!

あわせて読みたい:持ち運べるレイコップ! 寝具だけでなく、家中、外出先、スマホまで除菌できる『レイコップGO』を愛用者がおためし!!

あわせて読みたい:【除菌】家じゅう除菌が可能になった『レイコップRSC』でふとんだけでなく床までウィルス除去!【ウイルス除去】

あわせて読みたい:ふわっと持てる軽さは正義!530gから始められる軽量スリム『ハンディ・スティック掃除機 MC-SBU1F』なら、今度こそきれい好きになれるかも

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子/Official images

トラックバック