【糖質制限】ピスタチオの旨みで糖質30%カット『低糖質ピスタチオチョコレート』【ダイエット】

おいしく食べて糖質30%オフ!

 

罪深くない「低糖質チョコレート」商品から、ピスタチオの香ばしさ香る『低糖質ピスタチオチョコレート』が登場! 低糖質なのはうれしいが、味わいの充実感はどこまであるかも気になるので、実食してみよう。

 

最近流行りのピスタチオスイーツに低糖質チョコが仲間入り!

通常チョコレートは糖質たっぷりでダイエットの大敵というのが常識だった。ところが近年、糖質オフのチョコレートも増えてきた。

菓子商品企画・開発などを行うクリート株式会社(東京都渋谷区)の人気シリーズ「低糖質チョコレート」から登場した『低糖質ピスタチオチョコレート』(36g・希望小売価格 税込192円・発売中・都内セブン-イレブンにて購入)は、糖質30%オフ、人工甘味料不使用という健康志向な人にぴったりのチョコレートのバリエーション製品だ。

コック帽のイラストが目印のロカボ商品、近年かなりコンビニなどで見かけることが増えてきた。食・楽・健康協会が推奨する「極端な糖質抜きではなく、おいしく楽しく適正糖質」をスローガンとしたもので、パッケージに糖質が分かりやすく記載されており、糖質を計算しながら商品を選べるという機能性が特徴だ。

今回フレーバーとして選ばれたのがピスタチオ。ピスタチオは栄養価の高いナッツで、その旨みや香ばしさからピスタチオスイーツはかなり人気を博しているが、低糖質チョコとの相性はどうだろうか。

黄緑と白のピスタチオをイメージしたパッケージには、お馴染みのロカボマークや淡い緑の実がチラッとのぞいたピスタチオがプリントされている。

着色料に使われているカロチノイドは、野菜や果物にも多く含まれている、赤や黄色の鮮やかな天然色素。強い抗酸化作用を持つ成分でもある。そのほか原材料には、食べすぎを防ぐ効果が期待できる水溶性食物繊維のイヌリンやココアバター、乳糖、ピスタチオペースト(アーモンド含む)などが入っている。

1つ直径およそ1.5cm弱で、パッケージにプリントされたものとほぼ実物大。鮮やかなピスタチオグリーンをしたのチョコレートが8粒入っており、1粒ずつキャンディのように包まれている。取り出すと、ピスタチオの香ばしくリッチな香りが漂ってきた。

ひと口食べてみると、ミルキーなチョコレートのテイストで、チョコレートそのもののおいしさが広がる。このミルキーさは、主に牛乳から精製して作られる乳糖が入っているからだろうか。しかし甘すぎるという感じはせず、ピスタチオの風味とあいまってパクパクいけてしまう。

噛めばかむほど、ピスタチオペーストの味わいが口の中に広がり、充実感に包まれて、なんだかホッとする。1袋あたり糖質10.9gで、仕事の合間にチマチマ食べて気分転換したい味わいだ。

食べ終わった後も口の中にナッツのテイスト、ピスタチオの香ばしさが留まってくれて、しばらく満足感を与えてくれる。この味わい深さで、緩やかに糖質制限ができるロカボマーク付きなのは驚きだ。ダイエット中にちょっと甘いものが食べたいときにもぴったりなので、見かけたらぜひ手に取ってみてほしい。

全国(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州)の、セブン-イレブンなどのコンビニで発売中。

 

あわせて読みたい:【ダイエット】『低糖質コーヒービーンズチョコレート/ココナッツチョコレート』でおいしく糖質46%オフ!

あわせて読みたい:【ダイエット】 糖質46%オフ『低糖質 アーモンドチョコレート/ココナッツチョコレート』【糖質制限】

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック