【ダイエット】『低糖質コーヒービーンズチョコレート/ココナッツチョコレート』でおいしく糖質46%オフ!

カリカリ、シャリシャリ、どちらが好み?

 

コック帽子のにっこりマークをご存知だろうか。ロカボマークの食品シリーズ『低糖質コーヒービーンズチョコレート/ココナッツチョコレート』は、糖質が気になる…という人でも食べやすい糖質オフのチョコレートだ。

 

ロカボマークで適正糖質。珈琲豆が、ココナッツがおいしさを加速する!

商品企画・開発・輸入販売を行うお菓子メーカー、クリート株式会社(渋谷区代々木)による「ロカボマーク」のシリーズとして『低糖質コーヒービーンズチョコレート/ココナッツチョコレート』(35g/30g・実勢価格 税込149円・発売中)

“ロカボ”とは、食・楽・健康協会が掲げている「おいしく楽しく適正糖質=ロカボ」で、適正な糖質を楽しみながら取ることを推奨していることを表すコック帽子のトレードマーク。

 

このマークの入った商品は、1食当たり糖質20〜40gを計算しながらシリーズの商品を選べるという機能性を持っている。

 

糖質制限と無縁のイメージがある甘いチョコレートだが、『低糖質コーヒービーンズチョコレート』は1袋35gで糖質9.5g、『低糖質ココナッツチョコレート』は1袋30gで8.9gに抑えられ、人工甘味料は不使用。自然の甘さが楽しめるとのこと。それでは食べてみよう。

 

 

ほろ苦でビターな甘さ『低糖質コーヒービーンズチョコレート』

1袋199kcal

『低糖質コーヒービーンズチョコレート』は、糖質46%オフのチョコレートをコーヒービーンズにコーティング。

白をベースに両サイドの青色がシンプルで、わかりやすいパッケージ。涼やかで甘さのイメージがつきにくい。

袋から出すと、1粒小指の爪ほどの大きさの、艶やかなまるいチョコレートだ。

口に入れるとカカオの風味がある。噛むとコーヒービーンズのカリッとした歯ごたえ。甘さを抑えたチョコレートと、コーヒーの風味が良い。ほろ苦くビターな甘さで、ほっと一息つける味わいだ。

 

シャリっと食感と甘さの相乗効果『低糖質ココナッツチョコレート』

1袋179kcal

『低糖質ココナッツチョコレート』は、糖質46%オフのチョコレートをココナッツチャンクにコーティング。

こちらは白をベース両サイドのオレンジ色が、シンプルながらトロピカルな印象だ。

不揃いな粒に、艶ややかなチョコレートがコーティングされている。

噛んでみると、シャリっとした食感と、やや塩気があるココナッツの風味。塩味で炒ったナッツのよう。その塩気でチョコレートの甘さが引き立つ。一味違った味わいに、つい手が伸びる。

 

甘〜いチョコレート、とはいかないが、糖質制限中でもチョコレートを口にできるのはうれしい。

 

どちらもコーティングされている素材の風味が活きる、甘さを抑えたチョコレートだ。しかし、同じ糖質46%オフのチョコレートを使用していても、素材で甘さの感じ方が違う。食べ比べてみるも良し、好みのチョコレートを糖質制限中のお供にしてみてはいかがだろう。

 

入手は全国のドラッグストアなどから可能だ。

 

あわせて読みたい:【ダイエット】 糖質46%オフ『低糖質 アーモンドチョコレート/ココナッツチョコレート』【糖質制限】

あわせて読みたい:チョコ好きダイエッターの味方! ロカボマーク取得『matsukiyo 糖質40%OFFチョコレートミックスナッツ』が美味しすぎる

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック