【糖質制限】低糖質だから太りにくい! ダイエット中でも食べられる『アーモンドストロベリーチョコレート(イヌリン使用)』【ダイエット】

太りたくないがチョコは食べたい、そんな夢を叶えます

 

世を挙げての糖質制限ダイエット/ロカボブーム。その中でも実行しやすいと評判の“おいしく楽しく適正糖質” をモットーにしたロカボシリーズは、ダイエット実践者の心強い味方だ。通常はダイエットの天敵とされるチョコでありながら『アーモンドストロベリーチョコレート(イヌリン使用)』は低糖質なので食べられる! ところでイヌリンって一体なんだ?

 

ダイエット中男子へのバレンタインにも最適な低糖質チョコレート!

何かと食べすぎてしまうこの季節、お菓子は食べたいが、糖質は気になるという人もいるだろう。どうせ食べるなら低糖質で健康にも良いものを食べたいと思うものの、正直低糖質スイーツと聞くと味は微妙なのでは……と思う人も少なくないはず。

糖質を気にしたくないが味もしっかり楽しみたいという願いをくみ取ったナチュラルローソンから発売された『アーモンドストロベリーチョコレート(イヌリン使用)』(40g・希望小売価格 税込198円・2019年12月10日発売)は、低糖質でイチゴ味のアーモンドチョコレート。

近年ではカロリーよりも糖質量がダイエットの鍵になるというのが定説になってきた

パッケージ左下にはローソンのおすすめ商品に付いている、一般社団法人 食・楽・健康協会の登録商標の「ロカボ」のマークが。ロカボとは、糖質量を1日70g~130g(1食20~40g+間食10g)を目安に摂取するという、食・楽・健康協会が提唱する緩やかな糖質コントロール をする食生活のこと。カロリー制限と聞くとなんだかキツそうなイメージがあるが、ロカボでは「工夫をして糖質の量にさえ気を付ければどれを食べても良い」という考え方。血糖値や血圧の改善、ダイエットにも効果が期待できる。

このロカボマークがある商品には必ず糖質が記載されていて、今回は丸々一袋食べても、糖質はたった5.4g。野菜ジュース1杯とおにぎり2個だけでおよそ100gの糖質摂取量となるので、これはかなりの低糖質である。極端に糖質を抜くのではなく、適正な量の糖質を摂取して美味しく食べられるのは嬉しい。

商品名に入っている「イヌリン」は、野菜だとゴボウや玉ねぎなどに含まれる水溶性食物繊維の一種。胃腸内をゆっくりと移動していくので、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があるのが特徴だ。不水溶性食物繊維は腸壁を刺激して腸の蠕動運動を盛んにするのに対して、その名の通り水に溶ける水溶性植物繊維のイヌリンは、私たちの腸内にいる多種多様な腸内細菌のエサとなる腸内フローラを整える効果があり、100%腸内細菌に利用されるという働き者だ。そんな食物繊維10gもこの1袋で摂取できる。

封を開けると香ばしいアーモンドの香り。チャックが付いているので、いつでもどこでも好きなときに楽しめるのも嬉しい。ひと口噛むと、表面はツルツルしていて、舌触りが滑らか。アーモンドにコーティングされたストロベリーチョコレートは結構厚みがありたっぷり楽しめて、クセがないので一粒食べてはまた一粒、とつい手が伸びてしまう。

甘酸っぱいストロベリーは甘さ控えめで、サクサクとしたアーモンドとよく合う。安心して小腹が空いたときのおやつなどに楽しめる。

一粒でもずっしりとしていて、低糖質スイーツでこの食べごたえと満足感は食べた人にしか分からないかも。気になった人はぜひ手に取ってみてほしい。

全国のナチュラルローソンで発売中。

あわせて読みたい:『ローソン・今週の新商品』チョコレートだらけの新商品祭り!GODIVAのコラボ商品新作登場!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック