あの体脂肪計のタニタと森永がコラボして作ったデザート!  『タニタ食堂の100kcalデザートかぼちゃプリン』

脂肪計のシェアNo.1会社タニタ。「体脂肪計を作っている会社の社員がデブでどうする!」という社長の一喝の下、社員食堂の栄養士が開発したダイエットメニューがレシピが本になって売れ、そのプロジェクトは映画にもなり、ついにはタニタとのコラボ食品も続々と登場している人気ぶりだ。このデザートも、そうしたタニタコラボ商品の1つ。『タニタ食堂の100kcalデザートかぼちゃプリン』だ。

1

タニタの社員食堂の栄養士が監修した、1個わずか100kcalの満足デザート。ランチのあと、同じ買うなら100kcalの方がいいという方、少なくないはず。

2

北海道産かぼちゃが、ほくほくとして美味しいかぼちゃプリン。 シナモンの香りが効いていて、かぼちゃの甘さが引き立つ。この食感と味を100kcalで実現するのが、タニタ食堂のワザなのである。

3

この共同開発デザートは、昨年、一度リリースされた後、一度製造を終了していたが、この9月から、リニューアルして再び発売開始となった。税別120円で低カロリーで本格的な「かぼちゃプリン」を、あなたも食後のデザートにいかが?

記者

渡辺 穣

複数の雑誌のデスク・編集長等を経てフリーライター/エディター。主にビジネス/経済系の著書・記事多数。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年以上。趣味は、スキー、ゴルフ、ピアノ、焚き火、ドライブ。山と海と酒とモーツァルトを愛する。札幌生まれ。

この記者の記事一覧

トラックバック