カップ付きだからコンビニ食のお供に最適な上、糖質オフも!? 『永谷園 カップ食事の始めに食べるみそ汁』

コンビニ食でもバランス取れる!

 

食事の最初に食物繊維が豊富な野菜や海藻を摂るといいという食べ順ダイエットは、現在主流になっている糖質制限ダイエット/ロカボ食でも繊維が糖質の吸収を抑えることから推奨されている。ということで具沢山のお味噌汁が人気。ということでこの『永谷園 カップ食事の始めに食べるみそ汁』。カップに入っているからコンビニおにぎりのお供にも最適!

 

糖質を吸収したくないなら、食物繊維を取りなさい!?

いきなりダイエット系新書のタイトルのような見出しで何だけれども、炭水化物量から食物繊維量をマイナスすると糖質量になることを考えると、食物繊維たっぷりコンビ、野菜と海藻の具沢山味噌汁は、糖質オフ人間にとって非常に優秀な食品なのは確かだ。

ローソン『永谷園 カップ食事の始めに食べるみそ汁』(24.8g・希望小売価格 税抜140円・ローソン限定発売中)は、2019年2月に永谷園より発売された「食事の始めに食べるみそ汁」をカップ化したものだ。

確かに容器を別に用意するのはひと手間。

ローソンのように健康を考えたメニューの多いところでおにぎりを選んだとして、家ではなく会社などではこうしたカップ入りは非常に助かるだろう。

気になる具材は、わかめ、乾燥キャベツ、乾燥大根、ゴボウ、つのまた(赤い海藻)、ごま。そこに甘めの生味噌を投入して、1分待ったらかき混ぜて出来上がり。実に簡単。

食べてみると、食感があって、確かにこれは食べ応えがある。サクサクの食感とともに味わう、日本人のDNAに訴えかける味噌汁の味。これならおにぎりと一緒食べするだけで、かなりの満足度を得られると思う。

かき混ぜたらどんどん具材の量が増えていく!

ワンカップで糖質5.1g/42kcal、食物繊維は1.6gとれる。入手は全国のローソンで数量限定で可能だ。

 

あわせて読みたい:どっちが温まる!? 【自販機で買えるみそ汁缶対決】伊藤園『とん汁』vs 永谷園『1本でしじみ70個分のちから』

 

公式サイトはこちら

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック