キャンプ飯にもおすすめ! 『サバカリー インドカリー仕立て』で2種のホットサンドを作ってみた!

おいしいサバ缶はキャンプにも持って行こう!

 

サバ好きな人にもカレー好きな人にも、ぜひ一度食べてもらいたいのが、清水食品と新宿中村屋がコラボした『サバカリーインドカリー仕立て』。なにかと便利な缶詰は、アウトドアシーンにもおすすめだ。食べたい時に、いつでもどこでも。そのまま食べたり、アレンジレシピを楽しんだり…。今回はキャンプ飯にもおすすめのホットサンドを2種類作ってみよう!

 

このおいしさを見逃すな! 『サバカリー インドカリー仕立て』とは

水産商品などの缶詰を手がける清水食品株式会社(静岡県静岡市)と新宿中村屋が共同開発した『サバカリーインドカリー仕立て』(150g・参考小売価格 税込324円・発売中)。鮮度のいいサバを加工する技術と、いくつものスパイスをブレンドしたおいしいカリーの味わい。それぞれの得意分野を存分に生かした商品でもある。

ソテーオニオン、トマトペーストなどの野菜をベースに、たっぷりのココナッツミルクで仕上げられている本格派カリー。

辛さレベルは「3」

缶切り不要なので、キャンプやグランピングなどアウトドアシーンや災害備蓄にもおすすめだ。

器に取り出してみると、大きなサバの身がゴロっと入っている。国内で水揚げされたサバが使われており、肉厚でふっくら。鮮度のいいうちに加工しているので、生臭さなどは一切ない。ココナッツミルクが辛味を抑えてくれているので、全体的にマイルドな味わい。子供でも食べやすいだろう。

 

イメージとしては、カレー風味のサバ缶と言った方がしっくりくるだろうか…。和風寄りの味わいで食べやすい!

このままでとても美味しく、酒の肴の一品としてもおすすめ。もちろん、ごはんやパンを添えて一緒に味わえば、しっかりとお腹を満たしてくれるおかずにもなりそうだ。

 

 フライパンで2種類のホットサンドを作ってみた!

左からアボカド・チーズ・本製品・たまご・食パン

『サバカリー インドカリー仕立て』を使って、ホットサンドを2種作ってみよう! ホットサンドメーカーがなくても、フライパンがあれば大丈夫。 

ほぐしておいた『サバカリーインドカリー仕立て』をパンの上にのせる。

チーズと目玉焼きをのせて、もう1枚のパンで上から軽く押さえるようにサンドする。

バターを溶かして、フライパンで両面を焼いていこう。

両面にいい焼き色がついて、チーズが溶けたらできあがり!

 

サバカリー、チーズ、目玉焼き、これは間違いなしのおいしさだ! とろ~りチーズと目玉焼きが全体をマイルドに仕上げている。サバカリーだけを味わった時は和風感が強かったが、チーズ、目玉焼きと組み合わせることで味わいが洋風に変化した。

もう1種類は、サバカリー、アボカド、目玉焼きの組み合わせ。こちらも先ほどと同様に、フライパンで両面を焼いていく。

火が入ったアボカドはとてもクリーミーで、サバカリーがよりマイルドに感じる…! フライパンでじっくりと焼くことで、パンの外側はサクッと香ばしく、中はふわっと仕上がっている。これは美味しい!

本格派のカリーを使ったホットサンドは、朝食やランチ、カフェ飯にぴったり。『サバカリー インドカリー仕立て』は、全国のスーパーを中心に発売中。ぜひ食べてみてほしい。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック