忙しい日も『クリームリッチロール バニラ味・いちごミルク味』でほっと一息! 濃厚クリームとサクッと食感を楽しもう!

 

進学や新生活を迎える春のシーズン、忙しい日々の中でもおやつタイムは欠かせないもの。旺旺・ジャパン『クリームリッチロール』は、サクッとしたワッフル生地に濃厚クリームを包んだ焼菓子! フレーバーは、バニラ味いちごミルク味の2種類、なめらかなでやさしい甘さが味わえるそう。毎日3時のおやつは欠かせない記者が、全2種をおためししてみた!

 

新作も仲間入りした『クリームリッチロール』

スイーツ専門店のような王冠のロゴマーク

スーパーやコンビニなど手軽に買いやすいお菓子、皆さんはどんな場面で食べることが多いだろうか。桜が咲く季節は、引越や入学式など自分の周辺でも慌ただしくなりがちに…。ちょっと甘いデザートで、心身ともにリラックスしたい、自分の好きなタイミングで手軽におやつを食べたい… 。そんな人におすすめしたいのがこの商品。

旺旺・ジャパン株式会社(東京都台東区)『クリームリッチロール』(全2種/バニラ味・いちごミルク味・希望小売価格 税込324円・発売中)は、菓子メーカーである同社のオリジナル商品。サクサクのワッフルロールで包んだ上品な焼菓子は全2種、それぞれ香り高い風味を楽しめる。

『クリームリッチロール バニラ味』

バニラビーンズが描かれた『クリームリッチロール バニラ味』(内容量 160g)は、なめらかなくちどけのクリームがたっぷり。ふんわりとした食感と芳醇なバニラ風味が特長だそう。

原材料には砂糖・小麦粉・鶏卵・無水バターなどを使用、1個包装当たり 36kcal。罪悪感を感じることも少ないかも。

『クリームリッチロール いちごミルク味』

こちらの『クリームリッチロール いちごミルク味』(内容量 145g)は、昨年12月に発売された新作!  甘酸っぱいいちごクリームは、旬のおいしさを味わえるとか。いちご果汁パウダーなどの原材料を使用し、1個包装当たり41kcal。バニラよりはカロリーはやや高めのようだ。

昨年から続くコロナの影響で、家で過ごす時間が増えた人も多いだろう。そんなおうち時間にピッタリなのが、お徳用サイズの小分けできるお菓子。自分のペースで食べたい時に食べられる、ストレスもなく味わえるのは至福な時間なのかもしれない。さっそく袋を開けていこう!

 

『クリームリッチロール』全2種をためし

子どもの頃、ワッフル生地に包まれたお菓子をよく食べていた記者。今回はコーヒーを用意し、商品と一緒にティータイムを楽しんでみたい。

まずは、『バニラ味』から。

開封すると、個包装された商品と乾燥剤が入っている。お菓子の食感も維持でき、おいしさはそのままというわけか…!

1個のサイズはタテ約1㎝×ヨコ約5㎝、重さは約8g。このタイプの焼菓子ではボリュームがある。気になる断面はどのようになっているのか… 、半分にカットして見ていただこう。ワッフル生地が2重に巻かれている…? なかなかリッチじゃないか。

ワッフル生地の分厚さがステキ!

バニラの心地よい香りに包まれながら、ひと口食べてみると… 、立て続けに起こるサクサク感! 素朴な生地の甘みと、濃厚なクリームが絡み合うとやわらかな甘さが増す。くちどけにほんのり残るクリーミーの香り、ブラックコーヒーにぴったりだ。

続いて『いちごミルク味』は、どのような違いがあるのか。

開封すると、こちらもバニラと同じ個包装タイプでサイズも同じ。ナイフでカットすると生地の中には、愛らしいピンクカラーのクリームが… 。このフォルムがたまらない!

お菓子も春一色!

甘酸っぱいの香りに癒やされながら、ひと口食べてみると…、分厚いワッフル生地に続く、酸味がナイスバランス! バニラと比べると甘さはこちらの方が軽く感じるかも。ブラックのほかにも、カフェオレと合わせてみるのも違った味わいも見つけられそう。

 

公式オンラインショップでも購入可能に


今回は2種を食べ比べしてみたが、ワッフル生地を存分に味わえて大満足! メインのクリームを支える生地が、まるで主役級のおいしさ。この生地でないと、風味が強い特色のバニラ・いちごクリームが際立たないだろう。お菓子も人と同じように、縁の下の力持ちが必要なのだと思う記者であった。

おうちで自分のペースでお菓子を食べたい人や、子どもがいるファミリーにもおすすめ!また、個包装タイプだから外出先での小腹対策にもよいのでは。

春のティータイムはこれで決まり!  『クリームリッチロール バニラ味・いちごミルク味』で、お気入りのドリンクと一緒に優雅な気分を味わってみて。購入は量販店や公式オンラインショップで販売だ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

ななとも

幼いころから五感で動き回るのが大好き。小さなカラダであちこち動きながら、「思い立ったら吉日」の人生を神戸の街で過ごしている。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック