さらに飲みやすい!? 12年ぶりに生まれ変わった『上善如水 純米吟醸』の飲み口を新旧飲み比べて、実際に確かめてみた!

よりクリアに澄み渡る日本酒は、新社会人・新成人へのお祝いにも!

 

日本酒の苦手意識を洗い去る『上善如水 純米吟醸』が、30周年の節目を迎えて12年ぶりにリニューアル。もともとの軽やかさに磨きをかけて、更に飲みやすく雪どけ水のように清らかに生まれ変わった。日本酒の「入門酒」ともいえる軽やかな味わいがどう変わったか、新・旧を実際に飲み比べて確かめてみた!

 

誰もが飲める「入り口」としての日本酒。お祝いや贈り物にも最適

白瀧酒造株式会社(新潟県南魚沼郡)の『上善如水(ジョウゼンミズノゴトシ) 純米吟醸』720ml・希望小売価格 税込1,595・2021年3月8日出荷開始)は、その名のごとく、水のように飲みやすく清らかな日本酒だ。その軽やかな口当たりと抜群の飲みやすさで、「初めて飲む日本酒」として親しまれてきた。

今回、誰もが飲みやすい「日本酒の入り口」であるために、酒質とパッケージをリニューアル。

 

特徴である飲みやすさを追求し、よりやわらかく、より軽やかさを出すために、精米歩合を60%から55%変更。みずみずしいテクスチャーで余韻が堪能できる逸品へと生まれ変わった。酵母が生み出す白桃やメロンのような香りと、ほんのりとしたお米の甘みが優しく、シンプルな味わいはどんな料理にも調和するそう。

もともと飲みやすく、のどの奥にするりと流れるような印象だが、さらに飲みやすくなった…!? 酒好きの記者が、気になる飲みやすさをレポートしたい。

左:リニューアル後/右:リニューアル前

実際に手にとってみると、スリムな形の瓶は変わりなく、美しく凛とした佇まい。ラベルはよりシンプルに、色を抑えて無垢を感じさせる。初めての日本酒にふさわしいデザインだ。

 

雪どけ水のように飲みやすくなった、その全貌を新・旧で飲み比べてみた!

まずはリニューアル前の『上善如水 純米吟醸』をチェックしてみよう。

グラスに注ぐと、米麹の甘い香りにほっこりとする。口に含むと緩やかに甘味が広がり、すっと喉に落ちた。米麹の風味が鼻を抜ける。優しい口当たりと甘味で飲みやすい。

次にリニューアルした『上善如水 純米吟醸』を飲もう。

グラスに注いだ香りは、それほど違いが感じられない。

口に入れると香りが更に華やかに広がり、和三盆のような上品で優しい米の甘さが包みこむ。清らかで涼やかで、まさに雪どけ水のように喉をすっと通った。飲みやすく、カクテルのような甘味がある。米麹の風味はリニューアル前に軍配があがるが、この風味は日本酒を初めて口にする場合、無い方が飲みやすく軽やかだ。

もともと飲みやすいお酒だったが、比べてみるとさらに飲みやすくなっていた。よりすっきりして、甘味が増している。口当たりが、さらに軽くなっていて、まるで滑るような喉越しだ。まさに水の如し…!

 

ちなみに製造元の白瀧酒造のおすすめは、冷やしたワイングラスでの楽しみ方だとか。いそいそワイングラスを冷やして、冷えた『上善如水 純米吟醸』をいただいてみる。

香りの広がり方が違う…! フルーティーで口当たりの柔らかさと、すっきりとした味わいが増す。とても飲みやすく、ワイングラスの冷たさで、より飲みやすい。

綿菓子のように軽く、優しい甘さは確かに日本酒の「入門酒」として最適だ。初めて日本酒を口にする人でも美味しく飲めるので、新成人のお祝いに最適!

ちなみに贅沢な使い方として、料理酒で煮物に使用してみたが、甘味が違った…! 通常の料理酒よりも、角がなく優しい甘さに仕上がるので、ぜひ試してみて。

 

更に飲みやすく生まれ変わった『上善如水 純米吟醸』(1,800ml・希望小売価格 税込3,190円/720ml・希望小売価格 税込1,595円/ 300ml・希望小売価格 税込726円/180ml・希望小売価格 税込385円も有り)オンラインショップから購入可能!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック