フランス料理の巨匠ロブション最後の監修ビール!『ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス』の味は?

ロブションでヱビスという日仏コラボ!

 

「ちょっと贅沢なビール」といえば、120年以上の歴史を持つ「ヱビスビール」を思い浮かべるだろう。このたび、数量限定で、フレンチの巨匠であるジョエル・ロブション氏とタッグを組んで生み出された『ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス』が登場。いつも以上に贅沢で特別な味わいのビールを、さっそくご紹介していこう!

 

日本のヱビスのビール技術 meets フランス代表・ロブションのエッセンス。数量限定・繊細極まる麦芽100%ピルスナー、ここに誕生!

サッポロビールより数量限定で発売されている『ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス』(350ml・税抜238円・2019年11月26日発売※500mlサイズも有)。商品名にもなり、パッケージにもその名が刻まれているジョエル・ロブション氏とは、モダンフレンチの巨匠として知られている世界的シェフで、日本では恵比寿ガーデンプレイスでお城のような佇まいを見せている高級レストラン「ガストロノミー ジョエル・ロブション (Joël Robuchon)」などが有名だ。

 

2011年発刊の「ミシュランガイド」では、三ツ星3店舗を含む計26個の星を獲得するなど、その実績は極めて高い評価を得ている。2018年8月6日に73歳で惜しくも亡くなられてしまったジョエル氏が、「ヱビス with ジョエル・ロブション」シリーズとして7回目のタッグを組み、生前最後に監修したものが本商品となる。

 

日本人にも馴染深いピルスナーにフレンチの要素を取り入れており、フランス・シャンパーニュ産の淡色麦芽を使用。ネルソン・ソーヴィンとシトラのフレーバーホップを加えてフルーティーな味わいと香りを実現している。

恵比寿様もびっくりかな?

華やかさが表現されたパッケージデザインは、「ヱビス with ジョエル・ロブション」シリーズをすべて手がけるインテリアデザイナーの森田恭通氏が監修。世界的な才能の匠の仕事を気軽に楽しめるのも、非常に贅沢と言える。

 

ゴールドに輝く水色、フルーティーな味わい、極上の高級感をたたえた特別な日のためのビール!

そんな商品は、丁寧にグラスに注いでしっかりといただきたいところ。そうしていくと、ピルスナーらしい金色のビールに目を奪われる。

非常に上品な色合いが美しい1杯だ。さっそく味わってみると、ひと口目から爽快に広がるフルーティーさを感じる。その中にコクも感じられて、とても飲みやすい。後味もさっぱりしていてエレガントだ。思わず気持ちも引き締まる。

年末年始は何かとお酒を飲む機会も多い。ついついお酒の味わいは二の次になって盛り上がってしまうが、『ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス』は気心の知れた人と、じっくり家で静かに語らいながら味わいたい逸品だ。華やかなホームパーティーの場にもふさわしい。

 

家族や友人とプレミアムなひと時を過ごしたい方は、『ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス』をお供にしてみてはいかがだろうか。全国のスーパーや酒屋で購入可能となっているが、数量限定なのでお早めに。

 

 

あわせて読みたい:1本1,000円超えの至福ビール体験!『Experimental Beer ~Type Cassis~(エクスペリメンタル・ビア~タイプ・カシス~)』を贅沢飲み!

あわせて読みたい:今年はかわいいねずみデザインでチュー! 限定『ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール〈干支デザイン缶(子歳)〉』

あわせて読みたい:【比較】ノンアル・ビールテイスト7種飲み比べ対決、いちばんおいしいビール系はこれだ!オールフリー/ドライゼロ/ヘルシースタイル/零ICHI/カラダFREE/ドライゼロフリー

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by オノダナオ

トラックバック