すっぱ爽やか!『サッポロ 濃いめのレモンサワー』はどれくらいすっぱいの?

いざ、すっぱさの極みへ!

 

昨今のステイホームによる宅飲み需要も相成り、コンビニの酒類コーナーには人気のレモンサワーのさまざまなタイプがずらりと並ぶ。味わいやアルコール度数など、その日の気分によって変えられるのはこの上ない贅沢だが、『サッポロ 濃いめのレモンサワー』はレモンならではのすっぱさを求める人にアピール。レモンサワー愛の強い記者が、すっぱさを確認!

 

激戦区のレモンサワーRTD業界に「すっぱさ」で切り込んできた新鋭!

サッポロビールの『サッポロ 濃いめのレモンサワー』(350ml缶・希望小売価格 税抜141円・2021年3月2日発売)は、2019年10月に発売・2020年に「居酒屋系レモンサワー」として支持されたRTS商品「濃いめのレモンサワーの素 びん500ml」から展開したRTD缶商品だ。缶にも堂々と「しっかりすっぱい!」と明記されているように、レモン漬け込み酒を一部使用した濃い味わいとすっぱさが特徴的。

 

ちなみに、レモンサワー界隈でよく目にするRTSとはReady to Serveの略となっており、水やソーダで割るだけで楽しめるタイプのお酒のこと。RTDはReady to Drinkの略で、よりシンプルに栓を開けてすぐ飲めるタイプの低アルコール飲料である。

世界的なレモンの産地といえば、イタリアのシチリア島。苦味が少ないまろやかな酸味が特徴だ。『サッポロ 濃いめのレモンサワー』ではシチリア産手摘みレモン果汁が入っており、すっぱさへの期待が高まる。

レモンサワーは大きく分けてウォッカベースと焼酎ベースが存在するが、『サッポロ 濃いめのレモンサワー』は原材料にウォッカを使用。ウォッカベースはクリアですっきりとした味わいとなり、ガツンとくるアルコール感もたまらない。

ということで、さっそく氷を入れたグラスに注いで飲んでみることに。

 

はたして、どれくらいすっぱいのか『サッポロ 濃いめのレモンサワー』

ウォッカベースのため見た目は透明に近いが、ややレモン果汁の色合いが映るかなといった具合。グイッといただいてみた記者の第一印象は、ストレートに「すっぱい!」だった。喉を過ぎたあと口の中にしっかりとすっぱさが残り、7%の力強いアルコール感が身体をめぐる。とはいえ後味がずっと残るわけでもないので、すっぱさを求めて何口もいけてしまう。

 

この場面でホームランを打ってほしい! というところで見事にスタンドに白球を叩き込む4番打者のようなレモンサワーだ。すっぱいナイター大勝利!(酔いがまわった模様) 

単体でも十分にすっぱさと美味しさを兼ね添えているが、レモンをさらに付け足ししてもいいだろう。とことんまですっぱさを求めたい夜もあるのだ。とはいえ、アルコール度数は7%と高いので飲み過ぎないようにほどほどに。

『サッポロ 濃いめのレモンサワー』は、コンビニやスーパーなどの全国の酒類取扱店で購入可能。350ml缶のほか500ml缶も発売されている。

 

また、「濃いめのレモンサワーの素」は業務用市場でも発売されるので、家庭で馴染んだ味わいを飲食店でも楽しめる。すっぱいレモンサワーが好きな人は覚えておこう!

 

あわせて読みたい:【レモンサワー】大人気ブランドにキレ味MAXの新顔!『檸檬堂 カミソリレモン』がドライでうまい

あわせて読みたい:今日から晩酌もヘルシーに!? 『キリン 麹レモンサワー』の発酵パワーなら可能!【お酒】

あわせて読みたい:【ストロング系】『キリン 氷結ストロング』レモン味、その微妙な差を比較!【缶チューハイ】

あわせて読みたい:【レモンサワー大集合】家飲み、リモ飲みでうまいレモンサワー7選!【糖質オフ】

あわせて読みたい:【リモ飲み/宅飲み】濃いうま9パー! 『こだわり酒場のレモンサワー〈キリッと男前〉』【ストロング系】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック