【時短便利】炊いたご飯にまぜるだけ! 簡単で美味しい『まぜこみご飯の素 牛ごぼう』

 

家事や育児、仕事に忙しい日々を送る主婦の方はもちろん、一人暮らしの方にもおすすめの『まぜこみご飯の素 牛ごぼう』は、温かいご飯にまぜるだけで手軽に美味しい牛ごぼうご飯が完成する。料理の時短や、中食利用などに便利なお助けアイテムとしても人気を集めている。時短料理として記者が実際に家族でおためししてみる。

 

まぜるだけだから、簡単!便利!

宮島醤油(佐賀県)は、明治15年(1882年)に創業してから、日本人の食の原点ともいえる醤油・味噌を作り続けてきた。伝統的発酵技術を基礎としながら、同社は各種ソース・粉末スープ・液体スープ・焼き肉のたれ、めんつゆ・ドレッシング・スパイス・缶詰・レトルト食品・冷凍食品へと食品製造技術の幅を広げてきた。

今回紹介する『まぜこみご飯の素 牛ごぼう』(価格 税込み 238円・販売中)は、牛肉とごぼうの風味を生かし、甘辛く煮込んだまぜ込みご飯の素。ほかほかご飯にまぜるだけで、手軽に美味しい牛ごぼうご飯ができあがる。

あらかじめ炊いてあるご飯にまぜるだけでなく、炊き込みご飯の素としても使用できるからお好みで食べ方を変えられるのが嬉しい。

 

 

急な「お腹空いた!」にもすぐに対応できちゃう手軽さが嬉しい

炊いたご飯にまぜ込むだけと忙しい主婦はもちろん、料理に手間を掛けられない単身層にも人気の『まぜこみご飯の素 牛ごぼう』。夕方は子どもの習い事の送迎で忙しく夕食づくりに時間を掛けられない記者が実際に家族でおためししてみた。

子どもの習い事から帰宅し、予約していたご飯が炊けていたので、まずは普段通り炊いた温かいご飯2合(680g)にまぜこみご飯の素を入れる。油脂分が固まりやすいため、袋を2~3分ぬるま湯につけることで中身が出しやすかった。

全体をムラなくまぜていくとお米にしっかり味が染みて、簡単にまぜご飯が完成。温かいご飯にサッとまぜ込むことで、湯気と一緒に甘辛い香りがフワッと香り、より食欲をそそる。帰宅後数分で一瞬にしておいしそうな牛ごぼうご飯が完成したので、「なんて簡単なんだろう♪」とその手軽さに嬉しくなった。

 

牛の甘い香りで食欲爆発!

「お腹が空いた」と騒ぐ子どもたちにサッとご飯を出してあげることができたので、この手軽さのおかげでスムーズに夕食にできたのが効率的で、とにかく嬉しかった!しっかりと味の染みたご飯と、牛肉とごぼうの食感の相性が良く、子どもたちにも好評!甘すぎず、しょっぱすぎず程よくさっぱりとした味付けも好みで、普段から食の好みが違う記者の子どもたちもそろって「美味しい!」と食べてくれたのが嬉しかった。

ねぎをのせることでシャキシャキ感もプラスされて更に美味しくなった。個人的には、炊き込みご飯として調理する際に、人参や油あげなど、好みに応じて食材をプラスしてアレンジするのもオススメだ。

 

主婦の方はもちろん、忙しく料理する時間がとりづらい単身者の方でも常備しておくだけで簡単に美味しいご飯が食べられるから、ストックしておくと安心だろう。記者のように子どもにご飯をせかされた経験がある人や、あと1品欲しいときにも重宝すること間違いなしだ。疲れていて少し手を抜きたい時、時短で美味しい『まぜこみご飯の素 牛ごぼう』にぜひ頼ってみてほしい。

同シリーズ「まぜこみご飯の素 五目ひじき」、「まぜこみご飯の素 鶏きのこ」、「まぜこみご飯の素 かしわめし」もチェックしてみては。

購入は、量販店や公式オンラインストアから!

 

公式サイトはこちら

記者

fuka

小学生男子2人のママ。育児をしながら独学でライティングを学び、現在はフリーライターとして活動中。実体験を元によりリアルな情報を届けることにこだわりを持つ。得意分野は、取材、ライフスタイル、子育て。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック